TOP > 政治・経済 > お布施の定額化で躍進、明瞭価格の葬儀スタートアップ・よりそうが20億円調達 | スタートアップ&イノベーション | ダイヤモンド・オンライン

お布施の定額化で躍進、明瞭価格の葬儀スタートアップ・よりそうが20億円調達 | スタートアップ&イノベーション | ダイヤモンド・オンライン

不明瞭な料金体系やさまざまな慣習が残る葬儀業界に挑戦するスタートアップ・よりそうが総額20億円の資金調達を実施した。今後の展開について、よりそう代表取締役社長の芦沢雅治氏に聞いた。

ツイッターのコメント(14)

この業界は価格の透明性めちゃ大事なので応援!
社会慣習、伝統と戦って顧客に近いサービスを訴える企業は、軋轢も多いけど、戦って獲得する果実も大きいでしょうね。
副社長さんなんでやめちゃったんやろ
まあ色々あるわな

そしてやめた場合はネガバイアスあるから社内情報きいても参考にならんな
5年後くらいには葬儀もだいぶ変わっていそう。
世の中がよりよくなる事業は成長すると思う。
ある意味サービスなのだから、見える料金体系は安心につながりますよね
葬儀は不透明な部分が多いし、若者からしたら謎だらけ。お布施の定額化はわかりやすいし、ニーズありそう。祖父母の葬儀の手配を手伝ったときも、葬儀屋から提案される葬儀プランが突っ込みどころ満載で「これいる?」のオンパレードでした。
世界的に課題がある業界なのね
「お気持ち」という微妙さは確かに不安になるよね、目の付け所が素敵
2025年以降、日本では物凄い人が亡くなっていくでしょうからね。
(葬儀や命日の時だけお坊さんと顔を合わせる)葬式仏教になっていると思うよ。俺、その辺に根本的な問いがあると思うわ。 / (Diamond Online)
センシティブな大きいマーケット /
冠婚葬祭業は、ん?!と思うところ多いけど、祖父の葬儀周りのあれこれによって祖母の辛い気持ちが少し軽くなっていくのを見たときに、葬儀やらんでよくない?!で片付けるのは違うなと感じた。葬儀の良いところだけを残せるように進化したらいいなぁ。
記事書いてもらったよ①
読経も戒名もただの形式であって不要。ブッダの原点に立ち返り、一人ひとりが教えに向き合え :
これは有難い
人生でそう何度も経験しないし、手探りでお布施の価格を推測して払っていたので

個人的には、知らないお坊さんに、払ったお布施に応じて勝手に名前決められるなんて絶対嫌だけど笑
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR