TOP > 政治・経済 > 新築マンションが「絶滅危惧物件」になりつつある理由 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

新築マンションが「絶滅危惧物件」になりつつある理由 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

新築マンションの売れ行きが悪い。首都圏では需要がおおむね減退している。分譲価格は高いが儲からないため、開発事業者は賃貸マンションの1棟売りなどに走っている。新築市場が「絶滅危惧種」になりつつあるのはな...

ツイッターのコメント(22)

(ダイヤモンド・オンライン) - LINEアカウントメディア
新築マンションの分譲事業はこれから益々厳しくなる。
スタイルポートは縮小する既存マーケットのなかで、Bにとっては業務効率化を、Cにとっては便利でストレスのない新しい住まい選択の手段とあり方を提供してマーケットの構造変化をリードしていきたい。
新築マンションの売れ行きが悪い。首都圏の供給戸数は、以前の年間供給10万戸時代の3分の1になろうとしている。その上、売れ行きの目安である初月契約率が7割を割り込むことが常態化しており、5割を下回る月も出ている。
むっ、前にホムイさん「今は新築マンション買うな。中古買うのだ!」と書いたけど、
どっかの不動産屋も似たようなこと書いてるのだ!

まあコストかかりすぎてて高いよ、値下がり怖いよってだけのだけどね~
人口が減って居住者が減り、修繕費が出せなくなった時の悲惨さを考えるとマンション買う人の気がしれない。
本文より「「新築か中古か」という選び方ではなく、立地がよく総戸数が多い「立派なマンション」を選ぶ時代になった」
立地の悪いマンションはすたれるのみ。
「新築マンションが「絶滅危惧物件」になりつつある理由」
ダイヤモンド
新築マンションが「絶滅危惧物件」

新築の供給は減少し、中古取引が増える。

このトレンドは明確になりつつあり、優良中古全盛の時代が来る。

「新築か中古か」という選び方ではなく、立地がよく総戸数が多い「立派なマンション」を選ぶ時代になった。

ご相談下さい!
急激に人口減少が進む日本。需給バランスを考慮すると至極まっとうな流れです。今でさえ、マンションは供給過剰です。
「絶滅危惧物件」に有明トリプル使わないで欲しい件、、(@_@)
不動産バブル崩壊の教訓は生かせるのか。こっちも気になる。
既存一等地中古マンションはやはり地力あり、との帰結。
割高な二等地新築マンションは売れず、一等地の中古は奪い合いとなりそう。
着工の8割が分譲されていた20年前と比較して、今は6割まで下がっている。着工はしてみたものの、区分所有で売ることをやめて、1棟売りに切り替えている
> | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識
サムネがシティタワーズ東京ベイなのが気になる
マンションクラスタの宿命
どこが分水嶺になるかは知らないが供給過多は不可避的なのでは。移民受入を本格的にやらない限り。
んなもんシンゾーのせいで不況だから、に決まってるだろ?オリンピック後は更に大不況となり、値崩れしまくるだろう。
マンションは空中を買う様なもの。一戸建ては土地が残る。が、、処分する時、一戸建ては解体費用が掛かり土地代より高くつく。マンションは放棄しようにも他の持ち主との問題でグダグダ。
ようやく時代が追いついてきたな、と。
既に予想してたし、現にそうなってるのを体感する日々。
新築マンション営業は現在の半分でも回ると思う。
いいことだ。そろそろ日本人は新築信仰をやめた方がいい。

新しい建物を立てては壊す。地震が多いから、伊勢神宮の式年遷宮も20年だし、とか何の言い訳やねん。

日本の不動産政策の失敗は中古住宅市場が育たなかったこと。大量生産大量廃棄。ゴミクズ株のIPOちゃうぞ。
この手の論調で気になるのが「消費増税前なのに落ち込んでいる」という表現。

新築マンションの竣工は殆どが10月以降なので、今年の4月から新築マンションは消費税10%になってます

新築分譲市場は半年早く消費増税の影響が出るので、もう落込みは来ているはず

--------
確かに賃料も上がってきているから一棟売りの方がいいだろうなと、新築マンションの豪華モデルルーム(マンションギャラリー)を見るたび思う> | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン
新築の供給が減ると中古取引が増える。優良中古全盛の時代が近々訪れることになるだろう。「新築か中古か」という選び方ではなく、立地がよく総戸数が多い「立派なマンション」を選ぶ時代になった
沖有人先生の見立て…

①価格が下がるリスクを顧客が気にしている
②新築マンションの魅力の減退/
新築マンションが「絶滅危惧物件」になりつつある理由|ダイヤモンド・オンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR