TOP > 政治・経済 > 創業2年目の不動産ベンチャー、手数料無料のマンション売買を始めたワケ | スタートアップ&イノベーション | ダイヤモンド・オンライン

創業2年目の不動産ベンチャー、手数料無料のマンション売買を始めたワケ | スタートアップ&イノベーション | ダイヤモンド・オンライン

中古マンションのオンライン買取サービスを運営するすむたすが、手数料無料のリノベーションマンション売買サービス「すむたす直販」の提供を開始した。創業1年半弱のスタートアップが手無料のサービスを始めた狙いとは。...

ツイッターのコメント(23)

すむたすが手数料無料でサービスを展開するワケとは?

【サービス内容】
AIを活用した中古マンションの買取サービスで、通常1〜2週間かかる査定を最短1時間で可能にした。

無料で展開する理由
❶自社物件の販路としての活用
❷ ブランド向上による買取および販売事業の促進
プラットフォーマーでありプレーヤーという立ち位置が肝。
すむたす直販。手数料なし不動産売買サービス。メモメモ
レガシーな業界の方が新しいサービスは生まれやすいよね、 /
不動産業界のGAFAを
ZORC というのかぁ!
しらなかった。
インプットしゃす! /
仲介手数料を取らないビジネスモデル
やっぱり実際の取引もしていかないとね。 /
こういう企業の記事って見てて本当にワクワクする。「すむたす直販単体でのマネタイズは、将来的にも考えていません」。時代に沿った企業は、投資できなくても、動向をチェックすることで個別銘柄を見る目が養える。 / “創業2年目の不動産ベンチャー、手数料無料のマンショ…”
テックとリアルビジネスの融合。
テックだけの市場規模はたかが知れていますからねぇ。
「創業2年目の不動産ベンチャー、手数料無料のマンション売買を始めたワケ」
ダイヤモンド
キャッシュフローだけは大丈夫なんかと懸念してるけど期待。 /
無料の破壊力がどこまで行くか気になる。 /
おもろいやん
すむたす直販
リノベーションマンション特化型販売サイト
仲介手数料不要
マネタイズはしない→自社物件の販路として利用、買取・販売促進のため
成功例を真似するのは大事だな /
知名度上がるといいですね。不動産業界にはどんどん革命を起こして欲しい。 /
礼金・仲介手数料はいつ消滅するのか。 /
仲介手数料無料と謡うGAもそうだけどほぼ100㌫買い叩いてそのあと高く売ってるだけ。
リノベだとこれまでの成約実績が参考にならないためより悪質な場合もあるので注意。
不動産の手数料無料はなかなか無いよね /
後発だからこその差別化、そしてこれを真似する企業は簡単には出てこないでしょう。
すでにすむたすにやられては美味しくないですから。
真の差別化と言えると思います。
AIで査定はどないでもええが、記事の中で査定に一週間から二週間かかるので1日で出るこのシステムがすごいって書いてるけど、その辺の不動産屋やったら電話した段階で「このくらいちゃいます」って回答するよ。一週間もかかるのが通常なんて嘘は書くな。
なるほどー

「現在、日本で深刻な問題になっている空き家の増加は、日本の中古物件流通数が全体のうち約15%と非常に少ないことが原因の一つではないでしょうか。
直販の目的(手数料無料の狙い)

①直販が普及すれば、すむたすの物件も仲介業者に掲載せず直販できるようになる

②ブランド向上による買取および販売事業の促進/
「すむたす直販単体でのマネタイズは、将来的にも考えていません」

抜粋

これこれ /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR