TOP > 政治・経済 > 韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

21コメント 登録日時:2019-08-26 05:42 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

8月22日、韓国の文在寅政権は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決定した。理性的に考えれば、韓国のGSOMIA破棄は韓国の安全保障にとって大きな損失であり、韓国国民を含め、多くの人がそれはないと考えていたが、現実のものとなってしまった。...

ツイッターのコメント(21)

北朝鮮は多くの鉱産物を埋蔵している

然し、鉱物の推定埋蔵量は日本統治時代の調査で現実にはその何分の一しかないであろうといわれる

然も北朝鮮はインフラが整っておらずその開発費用は莫大

北朝鮮は生産した鉱物を独占しようし韓国企業が持ち去る事には大反対するだろう
だれが選んだんだ・・この大統領 民度の低い国民が選んだんだね・・
極めて有害。日本は丁重な無視をしてるだけではだめなのでは?>"国防部と外交部は破棄反対 青瓦台の過激派が強行した"
この武藤元駐韓大使が言うようにトランプが「韓国を見守ろう」としか言わないのが気になる。だいぶ怒っているんじゃないか?>韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、元駐韓大使が解説 |
その場の腹癒せとしか思えない幼稚な選択!!しかし、此処まで来れば一気に断交まで持って行って名を残せ!!
日本はこんなバカの意見を聞いている時か? メディアは延々と文在寅大統領叩き。それで没落する米国にしがみついて、要りもしないトウモロコシを押し売りされ、米軍に「いずも」や「かが」を提供。 世界の笑いもの、ニッポン!
とてもわかりやすい解説でした。
が止まらない、
元駐韓大使が解説
元駐韓大使・武藤正敏の
韓国ウォッチ
読むべき記事。日米韓の現状がよく分かる。
文在寅は初めから北朝鮮の方向をブレずに向き続けている。
この上、何を話し合おうが彼の真意が翻ることはないだろう。

韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説(ダイヤモンド・オンライン)
武藤氏、ずっと穏やかな語り口だったのに、最近は本当に厳しい。親韓媚韓一辺倒ではない貴重な論客。なんだか可哀想。
精神病理上の問題だよなあ 政権トップと煽られた一部国民の集団ヒステリー これに乗っかる日本の極左もだ
>ドイツでは東西の所得格差が2対1程度であったが、統合には多くの困難が伴った。南北朝鮮の格差は20対1といわれており、北朝鮮と一体となることに伴う韓国の経済的負担は膨大だ。

それを理解してない愚かなるお花畑の韓国政府、
真面な韓国民が哀れなり!
北朝鮮を勢いつかせて韓国が得することってあるんやろか?
例によって武藤正敏の韓国ヘイト記事。武藤正敏は私より1歳下。ということは朴正煕軍事独裁政権時代の韓国を知らないわけがない。要するに、武藤正敏は民主化された韓国が気に入らないのだ。軍事クーデターでも起こって、再度独裁政権が誕生するといいと思っている。
国際社会へのウソやレトリックもそろそろ限界だし、朴槿恵解放からの軍事クーデターあるか?
政府の行いに国民がブレーキをかけないと、坂道を猛スピードで転げ落ちてしまうかも(・_・)
これまでは韓国国防部が発表してから、日本の防衛省が発表~韓国国防部の発表の後にしたと述べている。しかし、今回は日本の情報力が韓国に勝っていることを日本国民に示し、安心してもらう目的で即時の発表となったようだ

ごめん、コレ韓国側からも同じ論理で言えると思うわ
「韓国政府を支えてきた官僚の理性的な判断を覆す青瓦台の高官たちが、今の日韓関係を崩壊させているのだ」。「閣僚も単独で大統領に会う機会は少なく、多くの場合、青瓦台の国家安保室や首席秘書官などを通じ大統領の指示を得ている」。
北朝鮮の鉱物の推定埋蔵量は日本統治時代の調査によるもので、現実には少ない可能性。しかも、北朝鮮はインフラが整っておらず、開発費用は莫大だ。北朝鮮は生産した鉱物を独占しようとするだろうし、韓国企業が持ち去ることには大反対するだろう。武藤正敏さんのコラム。
今回も米国の判断を見誤ったようだ。しかも米国は、韓国政府でなく「文在寅政権」と名指しで批判している。
(ダイヤモンド・オンライン) GSOMIA破棄を決めた韓国・文在寅大統領(中央
以上

記事本文: 韓国文政権の「親北暴走」が止まらない、理性なきGSOMIA破棄を元駐韓大使が解説 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事