TOP > 政治・経済 > 「指輪が抜けない」49歳妻の長年の悩みを解放した若き消防隊員たち | 医療ジャーナリスト 木原洋美「夫が知らない 妻のココロとカラダの悩み」 | ダイヤモンド・オンライン

「指輪が抜けない」49歳妻の長年の悩みを解放した若き消防隊員たち | 医療ジャーナリスト 木原洋美「夫が知らない 妻のココロとカラダの悩み」 | ダイヤモンド・オンライン

婚約から20年近く付けっ放しの婚約指輪と結婚指輪は、ぷっくりと太った指にがっつりと食い込んでいる。ちなみに結婚指輪をはめているのは左手の薬指、婚約指輪をはめているのは右手の薬指だ。

ツイッターのコメント(11)

つか、宝飾店で切ってもらえよ、って感じ。
でも、消防隊員にはトレーニング的な意味はあったかも。
「指輪が抜けない」

★★石鹸水で試してみた?

関節は骨だから太らないだろうから、石鹸水塗ってやればツルッと簡単じゃなかったのかなー
消防署ってそんなことまでやってくれるのかすごいなw / “ | ダイヤモンド・オンライン”
サイズ変えてもらおうかなぁ😅
切ってもらえるんだ ライフハック
このお話しの中の消防隊員さん達の、
とても優しい心遣い、気遣い、思いやりに、
ちょいと感動しちゃいました🥺🥺
指輪の話もそうだけど、消防士さんの対応に爽やかな気持ちになったお話でした。
指輪が抜けない奥様の奮闘劇
ぜんぶ読んでしまった
なんかほのぼのするからおすすめ
登場人物、良い人しかいなかった
最後の旦那さんの言葉にきゅんと来た>
・赤江珠緒さんの体験談かと思った。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR