TOP > 政治・経済 > 「中学受験」国語ができない子どもの処方箋~テーマで考え、復習をしっかりと | 中学受験への道 | ダイヤモンド・オンライン

「中学受験」国語ができない子どもの処方箋~テーマで考え、復習をしっかりと | 中学受験への道 | ダイヤモンド・オンライン

国語と算数の2科目で受験可能な中学校もある。国語はすべての科目の基礎である。中学入試では「物語文」「説明的文章」が中心となる。国語ができない子どもはなぜできないのか、どうしたらできるようになるのか。途方に暮れている親のための処方箋をお届けする。...

ツイッターのコメント(10)

国語の勉強方法に関する記事は東京受験.jpでも現在企画を進めています。
「国語だけで受験を突破した」「高2時点で東大模試の国語が100点(120点満点)」など才能あふれるメンバーで執筆中です!
「国語力を付けるには何よりも復習が大切である。」

「精神的な成長を促すためには、本を読むのが一番。」
語彙は大事だけど普段から漢字とかで喋ってないと大変。
「ふいんき」ってなんだー、ってなると大変大変。
ふんいきな。 / - 中学受験への道 (Diamond Online)
一応読んでる。
後でゆっくり読む!
国語の入試は、漢字や語句の意味など、知識を問う問題が出されます。

国語の点数が取れない人は、この「知識を問う問題」をしっかり演習するといいです。

確実に点が取れるようになります。
中学受験の国語に限らず、普通、教材を1回こなしただけではマスターできないので、くり返し復習することが大切です。多くの人は「そういう内容を勉強した」ことすら忘れてしまいます。
「中学受験」で唯一、人格形成に資するとすればこれかなあ
以上
 

いま話題のニュース

PR