千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを取る理由 | 長内 厚のエレキの深層 | ダイヤモンド・オンライン

ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを取る理由 | 長内 厚のエレキの深層 | ダイヤモンド・オンライン

234コメント 登録日時:2019-05-22 06:10 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ、ジオングには脚がない。性能的には必要ないからだ。最近、ジオングの脚にこだわる「偉い人」が日本の経営者とダブるように見える。このことは、中台企業連合の傘下に入るJDIにもあてはまりそうだ。...

Twitterのコメント(234)

何やこの記事、検索したら普通に出てきたけど。
@arakesu_dqx 割と全方位に喧嘩売ってる気がする……
それで、こういう手合いは割と権力には反抗するけど識者とかそういう肩書きには弱いので、こういう記事を見たら泡吹いて卒倒しそうな気もする。
"80%のジオング"は結局ガンダムに負けてるんですが、それは。
「足がないジオングを顧客が欲しがらない」
「足がないジオングを顧客が欲しがらないだろう、と予見する」
とかの問題もあるのかも。
ものすごくよくわかるたとえ。

自分にも心当たりがあるので、これからは頭だけでも発進するぐらいの気持ちで
>わかるわー。いい例え!
ガンダムちゃんと見てから語ろうね
記事の内容への賛否はさておきこのアプローチが通じるのが時代だなぁ…→
要らないものは捨てる決断か
まずはガンダムをよく見てから言えと言おう
わかりやすい例えだ😊
良記事。仕事も同じで80点で良いのに100点にこだわって遅くなる人がいるが、一番大事なのはスピード。
タイトルのキャッチーさも良いし、記事も興味深かった
いろいろついてなくていいんですよ、スマホも車も
ガンダムを例えに使いたいのは分かるけど、最初から間違ってる。
ジオングは足が無い状態が100%なのであって、それを見た目だけで80%と偉い人が断じたから技術者が嘆いたという話。
(´・ω・`)わかりみがすごい、ジーク・ナオン!
結果として、中国のコンテンツはいつまで経っても80%のままだったりもしますけどね…それで十分な層はかなり居て、それだけで十分儲けられはしますけど…
とりあえず、今求められている状況にスペックがあっていれば未完成でも戦場に投入しないと刻一刻と変わる戦場では命取りになるって話。
開発に携わる者として、肝に命じておきたい。
高機能とか100%の完成度を売る前に考えるとキリがないし、80%で手放した方が結果的に良いものが作れそう。
世代だから分かります≫
これは中身も良いけどタイトルで勝ち確してる記事
足を付けるというよりも、そもそもジオングみたいなキワモノを作ってゲルググを作らないのが日本企業の特徴じゃね?
興味深い
なかなか面白い記事だなあ
まさに蛇足!?

(ダイヤモンド・オンライン)
タイトルが良すぎる
大変興味深い記事だなぁ
パーフェクトジオングを求めるシーンは少なくなったけど、サイコミュの動きが少しでもぶれたら射殺
日本企業の方向性は、ジオングよりGP-02、GP-03系だと思う。アレもコレもと積み込みすぎという点で。
■ざっと記事を読んで思ったのは、「偉い人」ではなくて「日本人の完璧主義」に問題があるんじゃないのかな? ということ。
どんどん市場に投入してけばいいんですよ。偉い人にはそれがわからんのですよ。
日本と中国の企業の差をガンダム世代に非常にわかりやすく説明してくれますがきっと私のフォローワーさんにはあまり理解してもらえないのかもなぁ苦笑

80%で十分というのは中国だけでなくこっちのMVPを出荷するスタートアップも似てる気がしますね。
筆者は例えをガンダムにしたいのだろうげと、要は完璧を求め過ぎるなということかな…→
タイトルにひかれて読んだらなかなか面白かった
良い例えだなぁ。
まったく同意

中国の税金投入はほったらかしで、何に使ってもいい
だから別なことに使うことが割と横行している
日本の税金(補助金)はがんじがらめ
報告書書き続けるくらいなら金いらんわ、と、もう以来申請してない
すげー!ジオングが経済記事に出てきた!
兵は拙速を尊ぶ、かな?
面白い。まるでわが社ではないか-
「ジオングに脚」に説得力が無い気がする
そもそもジオングには腕も必要ないし(「手」だけで良い)
で、結局「どうせい」って所が見えない
パネル事業ですか、納得。

ダイヤモンド・オンライン: ダイヤモンド・オンライン: ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを取る理由.
良記事!ゲーム業界も同じやな。
マイクリをジオングに例えると脚がないどころか頭だけ😉
あの名もない整備士は印象強かったな。
ガンダムに例えられると、個人的に
すっげ〜、わかりやすい(笑)
ものづくりに携わっている人は、大体ガンダム好きが多いし、DBSもエンジニア魂の根底は、ガンダムやアニメのメカが大好きだから( ̄▽ ̄)

ふざけたエンジニアです!!(笑)
趣旨は概ね同意だが例示モヤモヤ。IoT時代にやらかすと社会的影響がでかすぎるけど、80%の完成度で大丈夫なんだろうか。特にWeChatPay。リスクアセスメントしたうえでの省略ならいいけど。 / 厚のエ…”
“ジオングに脚をつけたがる” /
持論を語りたいなら、キャッチなタイトルより、中身をもっと整理すべき駄文を直せない、自分が主張する脱落者と自覚すべき
屑記事
なるほどねー(あまりわかってない
読み始め「なんだとう!MSの手足にはAMBACという存在意義があってだな💢」と思ってたけど、読み進めると「いかにもその通り」となってしまた秀悦な記事
これ職場で読んで、まぁ、内容は面白いとは思います。的を射てるかどうかは、読み手の見方次第としておきますか。

スレにちょっとどうでもいいことを
ふむふむ。8割。深いw
それってジオングの脚じゃね?
って流行る世の中好きだなぁ。

パーフェクトジオングも悪くないけど、欠けてるからこそ想像力を掻き立てる美しさがあるよね。ニケの像みたく。たまらん。
この人、俺って頭良い、上手いこと言ったとか思ってるんだろうな。何処にも論理がないが。
現場を知らずにご高説を垂れるこの先生の方がよっぽど「偉い人」に見えるのだが。。。
だいたいタイトルから予想した通りの論調だった。 『ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを取る理由』
80%でもいいよね。
完成度80%
「脚なんてただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」

そもそも80%の各部材を高次なバランスで統べたのがiPhoneだった。結局日本企業は作れずじまい。もういいや、ズゴックが好き

◆ジオングに脚をつけたがる日本企業が中国企業に後れを取る理由
コックピットを頭にしたところがジオングの驚愕すべき仕様なんだよね🤔
実にひどい釣り記事だった。
ガンダムはモブにも名シーンがあったんです>
国際競争で劣勢になって久しいといわれる日本企業も、既存の技術開発の経験や技術力だけで市場を切り開いてきた過去の経験が、ジオングに脚をつけたがらせているのではないだろうか。(原文ママ)
" 100%の使い勝手、デザイン、セキュリティを求めすぎて、かえってビジネスモデルとしてのバランスを崩していないか "
パーフェクトジオングだったらガンダムを倒せただろう…(暴言 /
こういうタイトルと内容の記事見かけると日本が本当に心配になる
うちの会社は赤く塗ってツノをつけるところまでしないと出撃させてくれん(怒)
目指せアナハイム・エレクトロニクス!

…と言いたい所だけど、アレはアレで結構色々やらかしてくれているからなァ…
40代ホイホイなタイトル
何度でも言ってやる。
ジオングは蹴れたら勝てた
個性を求めると求人に出して、服装を注意するどっかの落ちぶれ会社を思い出すようだ
なんだ!そのひん曲がったアンテナは!!ちゃんとお湯に入れて矯正しないと。脚つけるとかほざく以前の問題だぞ(ㆀ˘・з・˘)
足なんて飾りです!
ときめかないものは飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。
完全主義的なところとか、過剰サービスだったりとか、確かにジオングの足かも知れない。
この例えにはニヤリ →
中国云々は別としてここは理解できる
このジオングの脚にこだわる「偉い人」は、日本の経営者ともダブるように筆者には見える。
良い例えだと思ってるんだろうが思い切り滑っとるぞ
「偉い人にはわからんのです…大佐ならやれます」
彼は名前も無いけどいい人だ

無駄なこだわりの表現をここに繋げるとは面白いな☆☆☆
アムロはキャノンもタンクも乗ってるんやで、って話は置いておいて、シャアは異名の流星がついた理由が足で蹴って速度を稼いでたので、足がついていた方が正解だったと思うよ。
キックもしてたし

ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企…|
脚つけたいな・・・・
100%の使い勝手、デザイン、セキュリティを求めすぎる日本企業を「ジオングに脚をつけたがる」とは、言いえて妙。これ、JDIだけの話じゃない。
ジオングに脚がないのは、宇宙空間だからであって、パーフェクトジオングという(略
> いや、もう40~50代のガンダム世代に向けて書いているといってもいい。
ぶっちゃけた!w ここまで言い切る心意気すこw
面白い視点であり、いい教訓になりました。
でも脚のないジオングはガンダムに負けたのでしょう?
なかなか面白い視点の考察である。
ギレンの野望ではパーフェクトジオングのほうがスペック高いんだぞ /
"中国の決済システムは80%でも十分な完成度…だからといって「日本のほうが完成度が高い」「すごい」「さすが日本だ」などというつもりはない。80%で十分な完成度だからだ"
NewsPicks民は釣り耐性がないのう… / (Diamond Online)
その発想はなかった…!
そうか、ジオングはアジャイル開発(と当時の状況)によって生み出されたのか…!?
いずれにせよ、100%をビジネスの世界で求めるのは、もはや意味ないですよね
速攻で陳腐化するので
言い得て妙。
これは優れた記事だと思います。
「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」
を偉い人に向かって言えるやつになりたい
こレラの単語が理解できない経営者はアボーンで良いと思うよ
?
「ジオングの脚理論」ww:
「あんなの(脚)飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」
この記事は面白かった
パーフェクトジオングは邪道です。それは置いといて、政府が余計な口出すとろくな結果にならない。/
本題はともかく例えがガノタ的には微妙でつらさを感じた。ジオングが足をつけなかったのはそれだけ追い詰められてどうにもならなくなったからだし、一年戦争に勝った地球連邦の主力兵器は低コストのジムとボール。モビルアーマーはその後も主力兵器の形態にはならなかった。
今は脚つける余力無いんじゃないの
3分前「何その例え笑」→今「確かに日本企業のことだったわ」ジオングに脚をつけたがる=出るのが遅くても・よく使える・高価なものを作るってこと。あのときジオングに脚をつけていたら、戦場に出てないわけで。 / “ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを…”
ジオング・・・。日本はさ、もう宇宙の果てに追いやられちゃったんだから、「ドラッツェ」で戦うよりほか無いよね~。ドラッツェって何かって?検索、検索ぅ~!

ジオングに脚をつけたがる日本企業|
ジオングに足をつけたがる〇〇というのはなかなかに汎用性のある煽りだな /
シリーズ終盤でアニメーターさんが疲労を重ねて現場が回らず、それで泣く泣く足なしメカを出して下半身の作画を省いたのが真相…と推理。

カリ城でクラリスがヴェールを脱いだのは作画の手間+撮影さんの半露出撮影の手間を省くためだったように。
「ジオングに脚をつける」
顧客価値と関係のない部分にコストをかける事だろうな、ってのがこれだけでわかるんだから秀逸な見出しだw
慣用句として普及するかもしれん
そう考えるとジ・Oに隠し腕をつけて利便性を高めた、戦闘能力を高めたシロッコは、やはり天才だと言えるのではないだろうか(本筋と離れたガノタ感想)。
出たぞ!隙あらばガンダムで喩えようとするおじさんだ /
脚どころかガンタンクのキャタピラつけようとしてる感
確かに・・・ムーアの法則が立証され始めてきた30年ほど前に、日本の名だたる大企業は「我が社のパソコンは20年品質ですから」と胸を張っていた。この人達はダメだと思った(笑)
要らないものを捨てる力
これ、最初は的はずれなネタ記事では?と思いながら読み始めたんだけどそうでもなくてかなり同意できる。そして、日本企業の経営者だけじゃなくてツイッタランドでもこういうやつ散見される
この話とは別に「顧客が本当に必要だったもの」の問題もあるかもね。【ダイヤモンド・オンライン】
「あんなの(脚)飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」←名セリフだよな(   ˘³˘   )
例え方はともかく言ってることは正しいかなと。日本企業って規格乱立させたり、全く必要の無い付属品勝手につけて価格釣り上げたり何かズレてるんだよね
なかなか面白い例えですな…
本文読んで無いですが、ジオンのアジャイルな兵器開発スタイルはいいと思います。あの開発スタイルを採用出来たジオン公国の瓦解は一部先鋭化したモヒカンの暴走だったのか、ダイクンの遺児による内部侵食だったのか / “ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後…”
大日本帝国のゼロ戦,NTTの光ファイバー,トヨタの燃料電池車,いくらでも例はある。偉い人というかエンジニア自身の自惚もあるのでは。技術の普及は技術自体の優劣ではなく人間の評価で決まるのだな。

「ジオングに脚をつけたがる日本企業が中国企業に後れを取る理由」
面白い喩えだね、これw
(ブラウザの共有機能を使う事を覚えたきなこ氏)

ジオングの脚は謂わば商品に於ける「付加価値」的なもの。あれば便利・なくても平気みたいなとこね。

つまり、スマホやカーナビのワンセグはジオングの脚(NHK的な意味で)
でも周近平さんが足をつけろ、と言う言ったらやっぱり国を挙げて足つけると思うんだよね
話としては面白いけど、ガンダムはあくまでも架空のお話ですし……ええ
あんなの飾りです。偉い人にはそれが分らんのです。
ジオンの名もないメカニックの名言。
"このジオングの脚にこだわる「偉い人」は、日本の経営者ともダブるように筆者には見える。"
ジオングのスカートはスラスターとかがみっちりなんだから、足りない2割は「足」じゃない。(ガノタ的反応)
例えが上手くてよくわかるw
ジオングに脚をつけたら終わりだと思うのは、私だけだろうか…
その後のシャアの搭乗機を見るに、脚は必要だったのでは。少なくともシャアには。 /
ジオングは脚のあるガンダムに負けてるし、特注的なジオングよりも廉価版モビルスーツ的なボールの方がここで言わんとするのには適してるような。 /
頭部なんて飾りです
コアファイターだけで戦おうぜ~
「ジオングの脚」問題とは上手いこと言いますね。
日本の偉い人はみんな「優れた商品、サービス」に確信がないから、とりあえずモグラ叩きして仕事した気になる。だから生産性が低い。
AMBACって外付けマニピュレータだけじゃないんじゃないか? /
確かに、「脚は飾り」ですw

脚があるジオングをパーフェクトジオングを呼ぶことも、個人的には違和感。 / (Diamond Online)
著者(早稲田大学教授)がガンオタなのは分かる記事。
無駄な機能をつけるばかりに完成が遅れ、時代の流れにおいていかれる。シンプルですね。
それが解らんエライ人な
話は解るが例えが・・・w
日本伝統の文化の問題点は、偉い人がそういう考えを持つことではなく、そういう人が「偉い人」になってしまうことかと 昇格のための評価をする人が審美眼を持ってない
タイトルがわかりやすい!
AMBACが機能しないから、推進力があっても機動性に欠けるし、結局直接戦闘でも負けてたじゃない。脚は要るんですよ。 /
切り口が面白い
「あんなの(脚)飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」
ジャパンディスプレーに関するビジネス記事なのだが、何故かジオング!
でも、なかなかの良記事!

面白いのは、このジオングに足を付けたがる人の弊害は、自衛隊の武器開発でも、まんま同じということ。
近年の迷走、失敗した武器開発は、似たような状況が見える。
確か、ジオングに脚をつけて、性能が挙がったってマンガあった。
もっと見る (残り約84件)

記事本文: ジオングに脚をつけたがる日本企業が、中国企業に後れを取る理由 | 長内 厚のエレキの深層 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事