TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 歩行者の死亡事故...

歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由 | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

895コメント 登録日時:2019-05-09 06:16 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

5月8日、滋賀県大津市でまたもや保育園児の列にクルマが突っ込み、園児2人が死亡するという痛ましい事故が起きた。ただ歩道を歩いているだけの人が次々にクルマにはねられるという現実の裏には、歩行者軽視の交通政策がある。...

Twitterのコメント(895)

「ほかの先進国に比べて
ダントツに多い歩行者の死亡事故」
@philomyu より詳しい記事はこちら。クローズアップ現代でも言及がありました。#都市計画 #交通計画

#歩行者の死亡事故 ダントツの日本、#ドライバー厳罰化 で解決できない理由 | |
日本で歩行中に事故に巻き込まれて亡くなったのは37.3%、スウェーデンは10.8%、ドイツは15.5%、英国でも23.7%

道路がしっかりと整備され、歩行者の安全も確保されているような先進国の場合、自動車事故とはハンドルを握るドライバーや同乗者が亡くなるのが一般的だ。
交通事故をシマにしてる感じの弁護士が「交通事故の本質をよくわかってる」とか謎なリツイートしてたから気になって…「子どもが被害者」というニュースは痛ましさも強く記憶に残りがちなだけで,実際は歩行中に亡くなるのは65歳以上の高齢者が多いというのが定説
元上級国家公務員の人身事故で逮捕しないとTV/マスゴミが云ってるが一番の問題点は歩行者の死亡事故率が日本が一位、運転手の人命軽視(老齢者の運転も含む)であるはず  モールに買い物時横断歩道を渡ると、小さな子供、老人の前を右折車が無謀に通る(直進車を待たない)
死亡事故中、歩行者事故の「割合」が多いという話。全体の事故件数は低いのだけど →
「日本で歩行中に事故に巻き込まれて亡くなったのは37.3%。これがいかに「異常」なことなのかということは、他の先進国の割合を見ればわかる。スウェーデンは10.8%、ドイツは15.5%、英国でも23.7%なのだ」
確かに歩道は狭いです。前の人を抜こうとするにも、後ろから来るかもしれない自転車を気にする必要があります。

『ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、実は日本の歩行者は、他の先進国より自動車事故の犠牲になりやすいという事実がある。』
ドライバーに対する暴言が絶えないような現状じゃ自動車事故は減らない
暴言吐く人多いってことは自分は事故起こさないって思ってる人が多いってことだから
車優先&歩行者軽視の風潮を変えないと。道交法を守れば理論上事故は起きないんでしょ? ルールを厳罰化する前に、ドライバーの教育啓蒙をしっかりと。
確かに日本の道路はまず車ありきで考えられてて、結構な交通量のある道路でも歩道がなかったり、横断歩道がなくて歩道橋になっていたりする。異常だよね。
「その問題とは何かというと、「歩行者軽視」だ。」
要するに政策起因です。政策を作る人が車メインで移動してるからでしょうか?有権者の民度も重要ですね。
@vegashokuda 日本は「ほかの先進国に比べて」「歩行者の死亡事故」が「ダントツに多い」という問題もあるようで、何らかの対策が必須だということは間違いないようです。子供が小さいこともあって心配で交通事故について調べまくっているので、いきなり饒舌になってすいません!
日本の歩道事情は劣悪だからね。英国に行っても、そう実感した。
「 他にも例を挙げればきりがない。これらを一部のドライバーのせいや、安全技術の未整備のせいにしているだけでは何も変わらない。」
ドライバーを叩いても事故はなくならない、歩行者軽視には同意。
しかし何の解決策も書いてないゴミ記事。
「日本では(略)自動車事故というと、人を跳ね殺す、轢き殺すというパターンがメジャーになっている」「歩行者の安全対策がないがしろにされてきた」
痛ましい事故はどれだけ起きても減らない。歩行者軽視という問題があったとは知らなかった。
でもそれも含め、結局は自動車業界を保護しすぎということ。
歩道の広さを見直し、ガードレールを整備する。子どもの多い通学路などは、時間帯によって進入制限や速度制限を設けることも必要だろう。日本が「歩行者軽視」であることは、歩行者の中でもっとも弱い立場である子どもの犠牲が後を断たないことからも明らかだ。
歩行者軽視という事は弱者に対する差別とも言える。
子供や老人、身体障害者や車を持てない人を蔑んでいるように感じるからだ。
警察の交通行政の怠慢を感じてる自分からすると目から鱗だ。
先日の大津の事故も、頑丈なポールかガードレールが設置済なら回避出来た筈と思う。
警察は何を基準に標識を設置してるかだ。住民が危険性を訴えても無視するが、不要なネズミ捕りだけはする利権屋と化してる組織
日本が歩行者軽視の社会であることが問題、という視点は、新しくまた、納得感あった。考えるべきは車の技術や罰則でなく、社会デザインですな
歩道スペースの確保か?
車の自動制御か?
ルールや運用の問題か?

いずれにせよ気がかりではある。
未だ幹線道路であっても歩道が未整備であるところは多い
自動車交通の処理が優先され歩行者、自転車は後回しにされてきた感はあり、今後注力すべき点
歩行者軽視。
目を向けるというのは、こういうことかも知れないなと。
ダントツの日本は置いておいて
日本人は規律的と言われていますが
それは強者や知人の前だけ
弱者や知らない人に対しては
横暴で無関心
町中に監視カメラ設置早よ
も歩行者を殺している
それ以外にも「運転免許を安易に交付しすぎるシステム」にも問題があると思う
記事は読まん。電柱地下化とガードレール設置が大事。⇒
とても良い提言です。
みんなで考えたい。
歩道の自転車見てもわかるとおり、厳罰化なんて意味無し。アメリカみたいに一時停止する地点の道路にリブつけて、物理的に徐行せざるを得ないようにするのが即効性あるんじゃ
歩行者が横断歩道を渡ろうとして車が停まってくれる場所。 国立駅南口大学通り。 タヒチに道路/ |
2016年、JAFが調査をしたところ、歩行者が渡ろうとしている場面で止まったのは757台(7.6%)
世界の交通事情とか知んないけどただ日本の方が歩行者多いだけなのでは?  
なんか他の先進国の人って道を歩かないイメージがある(偏見)
地元の通学路と言われる道路は本当狭くて、歩く側も運転する側もハラハラはさます。
まずまず歩道という歩道がない。
自動車事故で歩行者を巻き込む事故が多すぎる
技術だけでは解決できない、運転者側の心がけや法律・制度の問題もありそう
歩行者優先ならぬ自動車優先の仕組み…

『なぜ道路を渡るのに、僕が階段を上らなければならないのか? 車が優先されていることに、僕は憤りを覚えた』
意識を変えるのって大変だけど、確かに歩道になにもされてないし、歩行者軽視はあるよね。それとこんなにも自動車事故でたくさんの子どもたちの命が奪われていることにショックを受けたよ。
逆だよ。外国行けば日本の歩行者がいかに安全かよくわかる。外国は車優先の意識が高い。あと、そもそも街を歩く人が少ないのよね。歩行者の絶対数が全く違うことが考慮されてない。
最近は新設される道路に広い歩道や自転車専用レーンが設けられる場合もあるけど一部区間だし、そこを過ぎたら歩道すらまともに無いってのが実際だし。
たしかに日本ってかなりのクルマ中心社会かもしらん。でもここまで歩行者事故がダントツで多い国だとは思わなかった。中国は道路整備も更に追いついてないし、もっと酷い状況かも。
歩行者も守らなきゃですけど、日本は交差点や信号が多すぎ。
立体化とかロータリーなんかで解決できないのだろうか。
いろんな国を旅する中で、「歩行者の優先度」でその国の野蛮度が測れると感じた。日本は残念な結果だけど、この点でもポートランドは素晴らしかった。
歩行者優先なんて忘れてるドライバーばっかりだし煽り運転するバカもいるし
そりゃ日本の道路整備状況に法律合ってないからじゃん?
自転車の車道通行も自転車から歩行者を守る意味では正解だと思うけど、車からしたら車道の自転車は怖い。
道路が狭いし歩道も狭い、しかも見通し悪いところばかり、そりゃ事故起こる。
歩道と自転車道を大きく取って、自動車の車線は最低限の幅にすればスピードも出せなくなるんだけどね。塩尻峠みたいにわざさわざ工事で広くまっすぐにしてスピード出させておいて取り締まるとかアホです。
保育園に子どもを通わせる親のひとりとして、先日の滋賀県大津市で保育園児が犠牲になった事故には本当に胸が痛み、ニュースも見てられませんでした。...
生活道路にも大きな車が通るようになってしまってて、子供のスクールゾーンも危なくて仕方ないのよね。横断歩道で停止して歩行者優先する車も本当に少ない。
スウェーデンはいいぞ〜。
子がたくさん生まれていた頃のまま、人命軽視の政策を続けてる。
アジアの発展途上国のような意識、ダサい国だな
歩行者軽視の街作りというのは、地元に戻ってきて散々感じている。どこを歩けっちゅーねん、っていう道が多い。|
ここってこんなに質の低い記事書くのか・・・
歩行者軽視なのはわかるが、それはドライバー視点であって歩道の安全が整備されないとは言わなくない・・・?
法哲学の本に書かれてたけど、そもそも厳罰化は犯罪(事故含)防止にはあまり効果がないのよね。もっと別のアプローチが必要だと思う。
ネットを徘徊していてちょっと気になった記事。日本の場合、他の先進国と比べて歩行者が交通事故に遭うことが多く、歩行者軽視の交通政策の結果として最も弱い歩行者である子供が犠牲になるとのこと。
> 2016年、JAFが全国合計94ヵ所で信号機のない横断歩道を通過する1万26台を対象に調査をしたところ、歩行者が渡ろうとしている場面で止まったのは757台(7.6%)だった。

日本人のマナーが良いっていうの都市伝説だから。
感情論が入りに入りまくった推敲必須の記事ではあるけど、一つ事実が見えるとしたら
運転手が毎日送迎してくれる準歩行者みたいな奴が法整備してるのよね。
世の中の問題全てに言えるが、解決策は一つじゃない。
解決するを理由に利益誘導、思想の押し付け等、キリがない。
前述の事を除外出来る日本に。
うん、お散歩しててちょっと郊外で市町村が変わった途端に歩道がなくなってしまって車すれすれの道を歩いて怖い思いはよくする
北海道では本線に合流しようとする車両が歩道の手前で停止せずに、ドカンとクルマのへさきを車道まで突き出す。しかも「なにかある?」って顔される。
これさ、事故の割合としてはだんとつなのかもしれんけど、そもそも事故全体の母数としてはどうなんだろうね。母体がわからんからちょいと微妙なんだけど。
なるほど、歩行者重視の対策が必要ということですね。☞
確かにその通りフム((¯ω¯*))フム
歩行者に目を向けないといけないということですね😌

|
都合のいい「データ」を摘んできて「ダントツ」ってな記事は…好きにして。君の自由だ。
この記事にぶら下がってコメントつけてる連中の顔を忘れるな。
----
歩道が無かったり、歩道があってもガードポールが設置されていなかったりと、道路に構造的な問題があると思う。
>素晴らしい技術が日本中の車に搭載されるまで、あと一体どれだけこのような犠牲者を出さなくてはいけないのか

>歩行者軽視を変えなくてはいけない。歩道の広さを見直し、ガードレールを整備する

どちらも即効性のある解決策になっていないことは同じ。
日本は欧米とはそもそも道路環境が違う。車道も歩道も幅が狭すぎる。日本で歩行者の死亡事故が多い理由を「歩行者軽視」で片付けるとはまた随分と雑な記事だ。
嫌いなライターだが、この記事には蒙を啓かれた。
へえだな。
関係ないけど疲労がすごい
( ˘ω˘ ) スヤァ…
人に優しい運転を…
短期的には全国的なボラード設置による緊急対策、長期的には歩車分離の徹底、幹線道路での平面交差の削減など道路構造の抜本的見直しを実施すべき。
|
歩道も自転車が通るスペースも確保できない細い道は、思いきって一方通行にして、歩道と自転車道を確保してほしい。
子供や高齢者を守り、延いてはドライバーも守ることになる。
イメージと違うが、言われてみるとその通り。 >
内容が浅い😅

記事概要:
安全技術の進化、高齢者の免許規制などの呑気な議論している間にも酷い事故が起こった
状態別交通事故死者数を見ると日本人が抱くセルフイメージ世界一交通マナーの素晴らしい国は妄想
日本は歩行者軽視という現実を認め、それなりの対策をとるべき
事故起こしたいと思っている人はいないので、厳罰化では減らないでしょう /
日本、歩行者軽視を認識を
他先進国より自動車事故の犠牲に

・30ヵ国人口10万人当たり死者数、3.8人と10番目に少ない
・ところが歩行者巻き込まれ、37.3%。スウェーデンは10.8%、ドイツは15.5%、英国でも23.7%と異常
・歩行者優先で、止まったのはわずか7.6%
小中学生の9年間でかんがえるとはかなりヤバイな(´・_・`)>
記事でも指摘してるように歩行者がいる横断歩道で停まらない車が9割強、他にも歩道を塞いでの違法駐車や横断歩道の上で停車してる車もしょっちゅう見掛ける
歩行者軽視は行政よりドライバーの方が酷くないか?
歩行者の死亡事故原因で
一番多いのは約50%で
”横断歩道外を横断中”
歩行者軽視じゃなくて
歩行者への交通教育が足りず
歩行者の過失が軽すぎる
ランニングとかしてると確かに気を使う箇所は多い気がする
「歩行者の死亡事故ダントツの日本   」…これは根本原因をみる能力がないのだろうね。何処の国に子供を集団登校させる国があるんだ?しかも歩行者の死亡事故では道路交通法違反の高齢者が多い。英国人弁護士は田舎まで道路が整備され交通事故の訴訟が少ないことに驚くほどだ
・交通事故で死亡した人のうち、日本で歩行中に事故に巻き込まれて亡くなったのは37.3%

・スウェーデンは10.8%、ドイツは15.5%、英国は23.7%

日本の歩道危なすぎワロエナイ
引きこもりが最強だな
歩行者軽視は全く以てその通りなんやよな。行政にはきっちり仕事してほしいもんやで。
こういう「割合」のダメな比較の仕方を見ると、統計の勉強は大事だとつくづく思う
聞いた話で本当かどうか知らんけど、アメリカでは「この先事故多発」みたいな看板を立てると地主が罪に問われる州もあるという。同じ場所で多発するなら道路の構造に問題があり、認識してて改善しないのは罪だと。日本も人間を責めるだけじゃなくそういう考え方は必要だと思う
私権は絶対ではない。なのにゴネ地主や住民のために整備の進まない都市計画道路のなんと多いことか。
まずは現実を知ること。
信号のない横断歩道が上手く機能してないのが原因の一つかな。ちゃんと止まるドライバーってあんまりいないし。>
運転マナーが悪く、歩行者軽視の国。本当にその通りだと思う。
意思を持って事故しているわけではないので、厳罰化が抑止力になるわけない。食品工場は人はミスをするという前提でミスの発生源を人の判断によらない仕組みを取り入れてミスを減らす。それでもゼロにはならないが。交通安全もミスを犯す前提で仕組みを考えないと。
日本は歩行者の事故死亡率が諸外国と比べてとても高い等、車優先で歩行者軽視の街づくりだという話。>
歩行者軽視っぷりはガチだよな〜。歩行者がいる信号のない横断歩道でちゃんと止まるの奇跡くらいの割合だし。
日本って、異常にクルマ優先の社会だからね。デモですら、道路を使うな!渋滞の原因(クルマの邪魔)!と目くじら立てる人がいる。クルマはそんなに偉いのか?
横断歩道を渡ろうとする歩行者を優先するという交通ルールはなぜか守られていない

日本人が交通マナーが悪いとされる海外で「車が止まってくれた」と感じるのと
外国人が交通マナーがいいと聞く日本で「車が止まらない」と感じるギャップ

警察が周知徹底してこなかったツケ
「歩行者軽視という現実」を「信号機のない横断歩道」から見るのなら、まず運転する人を治すべき。取締・広報・教育等々策はある。
道路行政の問題とは別。
自分の肌で感じた体験と違うなあ。比較対象が台湾だけど。車同士の事故で歩行者が巻き込まれたケースを挙げて歩行者軽視というのは違う気がする。
これな。>“クルマに乗る人の安全確保や、自動車道路の整備ばかりが注力され、歩行者の安全対策がないがしろにされてきた” / “ | ダイヤモンド・オンライン”
自動車メーカーからの政治献金が、道路行政にも影響
都市計画の失敗を自転車、歩行者、事故を起こしたドライバーに皺寄せしているよね。歩車分離できてないから、自動運転も諸外国より10年か20年は遅れるし / “ | ダイヤモンド・オンライン”
たしかに、留学中に最も衝撃を受けた文化の違いのひとつかもしれない。
車が歩行者を優先させる。徹頭徹尾。
ちなみにそれに対して歩行者もちゃんと手を挙げて挨拶して。
日本の交通行政の病害は「歩行者軽視」。
口や字面でいくら「歩行者優先」と言っても、実際の交通事故防止においては自動車の利便を制約するような方策には二の足を踏む。それが「歩行者軽視」なのだ。
人口密度との因果関係にも触れず、歩行者死亡事故の割合構成が歩行者が高い⇨ダントツとか頭悪い。そも95年と比較で日本の事故死数は4割位ですよ
歩行者軽視の政策の転換が必要!との論に深く頷く。
ボクは自動車を運転しないので余計に思うのかも知れませんが、ドライバーの中には『自分を王様か貴族とでも勘違いしている』ような輩が少なからずいるようには感じますな。
ぶつかったら負けるので歩行者は譲らざるを得ませんが・・・
(´・ω・`)
インフラそのものが歩行者に優しくないという現実。/
窪田順生さんの文章が良かった。日本は「クルマ優先社会」=強者優先社会。それを変えないとならない。
奈良県はまず道路の白線引き直せ!
横断歩道前の停止線どころか横断歩道も消えてるし。
こうゆう記事を交通整備とか出来る国の偉い人に読んでほしい。
まあそうだよな。

土地が狭いからとかいってほったらかしてるけど。
歩道歩いてりゃ100%安全なんて思ってる人は少ないと思うけどな。。
日本に帰ると歩道が狭くて(もしくはなくて)、子供と歩くとめちゃくちゃ怖いのだ。道路もすごい狭い道が一通になっていなかったり。これから歩道のある大通りを優先的に歩くことにしよう。
毎日、同じ時間に歩道に乗り上げて歩道を車で塞ぐように駐車しているドライバーに止めるように注意したけど、車道を塞がなければ良いみたいな考え方でびっくりした。国道を悠々と歩いて渡るお年寄りは危ないがな。 / “歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で…”
歩行者死亡事故ダントツ日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由|情報戦の裏側|ダイヤモンド・オンライン 変える事や変わる事は簡単じゃない。環境が,条件が,規模が違う。だから“仕方ない”?本当に?自分が泣く番になる日が来ても同じ事言える?
色々な意見が右往左往して触れてなかったけど、これが一番今の世に必要な視点だと思った
この記事中のデータの扱いには違和感がある。
つらい…たしかに歩行者の自分が狭い思いをしてどこか弱者の態度で歩いている気がするけど、ソレおかしいよな。普通じゃないよね。
日本で歩行中に事故に巻き込まれて亡くなったのは37.3%。これがいかに「異常」なことなのかということは、他の先進国の割合を見ればわかる。スウェーデンは10.8%、ドイツは15.5%、英国でも23.7%
でもやはり日本は圧倒的に人が歩いてる確率が高いからよ。桁が違うわ。日本は地方都市郊外でも人歩いてるし。米国は歩道あっても歩いてる人皆無。
確かに道幅いっぱい車道で人ひとりギリギリ通れる歩道とか、ザラにあるもんなあ...
比較的新しく造られた街は考えられてるけど。
これはなかなか良い政治の記事。
車の事故でドライバーを責めても、飲酒運転など明らかな過失を除いてはドライバーは明日は我が身なわけで、車が事故っても歩行者が犠牲にならない環境が必要なんですねぇ
次に出てくるのはこの統計が間違っているとか思い込みの記事だとかいう自動車界隈のご意見番の見解とみた。
@p_q_p_q_xxx 日本では信号のないところにある交差点で車が何故か停止せずに突っ込んでくるケースが多いよ…歩行者に厳しい日本
感情論が先行しているこの話題、そんな中で数字を出しながら事実を提示しつつ言論するスタイルは見ていてスッとする。
イメージと実態は別だよねって、交通弱者が軽視されてるのはおかしいしどうにかしてほしいけど結局事故を起こすお年寄りの方も交通弱者(移動制約)っていう
日本は歩行者が多いって書いてるけど、外国は横断歩道を渡ろうとしてる歩行者を優先してくれる。でも日本は無視するし、車優先かのようにクラクション鳴らす。
教習所で習ったはずやのに、できてない人が多い。それも原因のひとつちゃうかな?
生活道路でもぶっ飛ばしてるドライバー多いしな。チャリで道路塞いで走ってるからよく分かる
大変、耳が痛い記事だ。本邦は野放図に車を使い、車=環境にも人命にもマイナスという意識が低いんだろう。結局は知的レベルの問題だというのが、痛い。『 』
ドライバーの厳罰で解決出来ない?
厳罰にならないのに出来るか出来ないかはわからないのでは?
事故が減らない理由!日本人が自分中心の考え方が多いから!
車優先、歩行者軽視だよな、ほんと。何とかしてほしい。
日本が歩行者軽視の社会だなんて思いもしなかった。むしろ逆だと思っていた。
📰そのまま読めます📰
日本の道路は車優先。歩行者優先は事故の時だけ。車運転する人は歩行者が邪魔でしょうがないんだよね
昔、楽天のプロ野球選手が車で人身事故を起こしたが、ブログのコメント欄が大怪我負った歩行者が悪いってボコボコに叩いててめっちゃキモかった。
諸外国の歩行者の横断のない高速道路事情とか考えないとうーんってなる
死亡率の割合で乗車中の死亡率が低かったら、歩行者の死亡率が上がるのは当たり前じゃね?
自動車学校では「横断歩道を車が横断している」と習った記憶がある。しかし信号のないところではほとんど止まってくれないのが現状。
日本は歩行者優先みたいなの聞いたことがあってそれを信じてたけどここ最近のアホみたいな事故の多さと統計を見て結果的にそれは違ったのだと思いしらされた。確かに歩道アホ狭えし道譲ってくれた車いたら珍しすぎて今時こんな優しい人いるんだなあとか関心してまう。
旅先で運転することも多いから、身を引き締めようと思う
うぅん?結局日本と海外の制度がどう違うのか分からない記事。歩道橋があるのは歩行者の死亡事故が多い理由にはならないしガードレールも海外が極端に多いとは思わないけど
データで騙してる。人口10万人当たりだと下記
スウェーデン 0.4
ドイツ 0.6
英国 0.7
フランス 0.9
日本 1.3
米国 1.9
韓国 3.4
************
日本で歩行中に交通事故で亡くなったのは37.3%。他の先進国を見れば「異常」。スウェーデン 10.8%、ドイツ 15.5%、英国でも23.7%
民主党時代の高速道路無料化による事故減少がなかったら、日本だけ駄目でも、仕方ないと諦めたのだろう。
この前長野(信号のない横断歩道で一時停止する車の割合日本一)に行ったとき、本当に横断歩道で車が止まってくれて驚いた…地元じゃありえない!それが本来のルールなのにね。
「歩行者は歩道橋か地下道でも歩かせとけ」って思想が、かつては確実にあったよなぁ。
暴走事故で正義を気取る呟きが多いけど、そういう奴は横断歩道で止まるのか?

「JAFが信号機のない横断歩道を通過する車を調査をしたら歩行者が渡ろうとしている場面で止まったのはたった7.6%だった」

この歩行者軽視の現実が重大事故の原因だよ。外国人も怒ってるよ。
こういった、「耳の痛い話」はスルーされていくんだろうな・・・。
日本は、歩行者に厳しいという事実を受け入れて、それなりの対策をとるべきだ。これ以上犠牲者を増やさぬためにも、いい加減そろそろ、このあたりの耳の痛い話と本気で向き合わなくてはいけないのではないか。
仮免教習で歩道の手前で止まらず教官に怒られた時、止まってもらったことないですけどと口ごたえしてまた怒られたことを思い出した。いまは信号なし横断歩道は忖度なく渡るようにしている。
本当に…。よく考えたら、東京が人口密度のせいで歩行者軽視になっちゃってるんじゃなくて、土地がある所でも歩道がない。車の頻度が低いから少し気楽なだけで、安全対策がなされてるのではない…
これに尽きるな。
どんどん高齢化進んでいくんだし、教習所で習う「歩行者絶対優先」を卒業後も守らないと。
車全部燃やしちまえ
もっと見る (残り約745件)

記事本文: 歩行者の死亡事故ダントツの日本、ドライバー厳罰化で解決できない理由 | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事