TOP > 政治・経済 > 世界を騒がせたブレグジットの落としどころは「EU残留」、それが“英国流”だ | 山田厚史の「世界かわら版」 | ダイヤモンド・オンライン

世界を騒がせたブレグジットの落としどころは「EU残留」、それが“英国流”だ | 山田厚史の「世界かわら版」 | ダイヤモンド・オンライン

混乱を極めるように見えるブレグジットだが、再度の国民投票が実施され「EU残留」を決める可能性が強い。予想外の展開になった「離脱」を元のさやに収めるべく、時間をかけて民意を熟成させる英国流だ。

ツイッターのコメント(22)

🀄🉐世界を騒がせたブレグジットの落としどころは「EU残留」、それが“英国流”だ⛑
🈷 2019/03/29(8日前)🔥🔥13
🇨 36日ぶり📈
🗼 _渋谷区(17th/49)
💹 📡 ・オンライン(39)
最近読んだブレグジット記事で一番納得できた。^^
さすが朝日。EU離脱を決意した英国国民を馬鹿にしまくったクソ記事。
壮大なコントですやん(^-^;
なかなか面白い記事です。
英国ブレグジット問題の落とし所は
「EU残留」か

再度の国民投票でEUにとどまるというシナリオ

連日「合意なき離脱」まで騒がれているだけに
残留となれば買い戻しの勢いはすごそうだな
一体、どうするんでしょう。-
しれっと大阪維新がディスられてるwww

「大阪都構想」を掲げる大阪維新の会みたいなことは、民主主義の先進国である英国はやらない。
大山鳴動鼠一匹になるのでは。
いやマジでもう一回国民投票やって残留になってみて欲しいw
そうなったらタイタニックどころじゃなく巨大隕石の衝突で草木も生えない壊滅状態になるだろうけど、我がドイツとしては嬉しすぎるからねw
投票に対する権威が失墜したらどうなるのか見てみたい。

世界を騒が
混乱を防ぐという短期的な意味で在留は一つの回答だが、長期で見た場合にメリットかどうかは誰も分からない。 →
メイ首相は覚悟していると思う。

 ボロクソにされながら、着地点を「国民投票」に置きピエロを演じていたのかもしれない。

 「ブレグジット騒ぎ」はいよいよ終幕を迎える。
この人は、もう一度国民投票をやったらEU残留が勝つと信じ切っているようだが、もう一度離脱という結果が出たら秩序なき離脱しか道はない。>
どっちでも良いけど…買い場は1.26?そっちは気になるw
この見方は面白い
裏側を見たようで、良い記事だ
これは面白い。本当にこうなるなら、英国の政治家はやっぱりすごいという話になるのかな。ピエロを演じられる政治家は今の日本にはいなさそう。:
結局、もう一度国民投票?
そもそも何で国民投票したんですかね?過半数で国の行く末を決めるリスクに、2年かけて気付いたんですか?
維新とは違いま〜す
いかにこの国が有史以来,世界中をかき回し迷惑をかけてきたかがわかるような動向だ。一度でもいいから植民地にした国に謝罪してみてはどうですかねwそれから中東にもね!
そうなるような気がどんどんしてくる
2年かけて分かったことは、①別れると、アイルランド国境問題や貿易関税など英国に困ったことが起こる、②英国の国益を大事にすると、離脱は形式的なものになる、③政府・議会は離脱問題を解決する能力がない、④メイ首相は指導力を発揮できない。山田厚史さんのコラム。
再国民投票で残留決めたいのに言い出すまで3年掛ける英国人説が出てきました

英国議員が世界市況に影響与えて私腹を肥やしてないか、トレード有無調査も是非してほしい

ブレグジットの落としどころは「EU残留」、それが“英国流”だ | 世界かわら版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR