TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > “ジモティー”や...

“ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは?[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

15コメント 登録日時:2019-02-28 18:15 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

『幸福の資本論』(ダイヤモンド社)では、金融資本(貯金)や人的資本(仕事)が大きくなくても、「友だち」の強いネットワークに支えられた生き方を「プア充」と定義した。“ジモティー”とか“ヤンキー”などと呼ばれる地方在住の若者がその典型で、ジャーナリストの鈴木大介氏が『最貧困女子』(幻冬舎新書)でこの言...

Twitterのコメント(15)

» 性役割分業を肯定するかと訊かれると(男性は外で働き、女性は家庭を守るべき?)8割超の女性は否定的に答えるが、「夫が家事や育児をするのはあたりまえのこと?」では、「男性が(家事という)女性の領域に進出することを受け入れるか?」というように質問を解釈して、
『幸福の資本論』もおもしろかったし、この人の考察おもしろいな
現代日本社会でもっとも幸福度・生活満足感が低いのは非大卒の男性
同じ階層ならば、男性より女性の方が、幸福度が高い傾向になる。 > “ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは? 橘玲
おもしろい

現代日本社会でもっとも幸福度・生活満足感が低いのは非大卒の男性(ヤンキー)
“ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは?[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン
生得的差に踏み込んでるのはフェアに感じるけど、そのフェアさは他の生得的差の解明にも波及するから棄却されることが多い気がする/
近年の脳科学では、

「ひとはそれぞれ
異なった幸福度の水準を持っている」
と考える。

幸福度の水準が高いひとは、
不幸な目にあっても
あまり気にせずすぐに回復するが、

幸福度の水準がもともと低いひとは、
よいことが起きても
あまり幸福度が上がらない。
橘玲氏のこの記事↓を読んで、ちょっと思うところあって自分の過去ツイから「性選択」というキーワードで検索して連続リツイしてみました。
地方に住む若い男性の受難は、この総セルフブランディング時代に、本当に誰にも見向きもされていないと思います。
前半はよく分からんかったが,後半は相変わらず見も蓋もないなw
“ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは?[橘玲の日々刻々](ダイヤモンド・ザイ)
プアだろうがなんだろうが「充」ならいいことじゃねぇか。
もっかい、読も。
わかりにくかった。
「“ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは?」 がZOLにアップされました。 日本はジェンダーギャップ指数110位と世界最底辺なのに、男性より女性の方が幸福度が高いという「パラドクス」についても考察しています。
以上

記事本文: “ジモティー”や“ヤンキー”など地方在住の若者たちの幸福度が極端に低い理由とは?[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

関連記事