TOP > 政治・経済 > 寄付先進国・米国から見た「ファミマこども食堂」の課題 | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

寄付先進国・米国から見た「ファミマこども食堂」の課題 | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

17コメント 登録日時:2019-02-15 06:36 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

ファミリーマートは、3月から全国2000店で「ファミマこども食堂」を開始するという。それ自体は前向きな取り組みだが、スタッフの対応負担と人件費を考慮すると実施が困難という意見もある。寄付先進国・米国から見た日本の「こども食堂」の課題とは。...

Twitterのコメント(17)

"そこには、「私たちの社会で、誰かが飢えている」という事実に対する想像力と、「誰かが飢えるのはいけない、特に子どもは」という良心がある"
米国の事例がすごい。それに近いことをファミマが実現してくれるのかな・・・
色々と意見があるけれど、問題提起としては画期的だと思う。地域との関わりは進めながら醸成していければと思います。
こういう話って、アメリカと比較したら、背景としての宗教の有無が嫌でもで目立つなといつも思う。もっと信仰心を持とうとかは思わないし、今喧伝されてる道徳教育でなんとかなるとも思えない。でも思想的な基盤がないとバランスの悪さがどうにもならない感。
公の役割は大前提
「ファミマこども食堂」の提案が、日本の重要なターニングポイントになるかどうかは、今後にかかっている。あらゆる私企業とあらゆる機関が、今後あらゆる人々とともに「私たちの公共」を考えて実現する近未来への第一歩となることを私は心から望んでいる」
飲食業って「誰にでもできる簡単な仕事」に見えるんだけど、やってみると物凄い高度な能力を要求されるのね。子供の頃から当たり前に店の手伝いやってたりする子が大人になってやるような仕事、専門性っていうかね。
>ともあれ、ニューヨーク市の子どもは高校を卒業するまで、無料で1日3食食べることができる。

>そこには、「私たちの社会で、誰かが飢えている」という事実に対する想像力と、「誰かが飢えるのはいけない、特に子どもは」という良心がある。
1回10人程度だが、月に何回開催されるかはわからない。
追随企業が現れるよう、まずは応援ムードにするのが良いのではないだろうか。
/
難しいことではあるけどニューヨーク市みたいなことが日本でもできたら…
DIAMONDonlineから
例えば、資金は無論。利益も。
「店舗」に固執しているのではないか?
例えば、該当地域の公民館へデリバリーが可能となれば
自治体との連携も期待できる。
(このコンセンサスは、試みているだろうと思う)
あとで読んでみよう!とりあえずシェア
なぜ貧困層に無条件で食事を与える団体はキリスト教さんだけなのだろう?
これはファミマさんは責任は重大で大変だけど何とか頑張って一人でも多く助けて欲しいですね
紐育では貧困の家庭等の子供がタダで食べられるから非常に嬉しい😃。日本でも無償化として食べるべし!
「プレスリリースを読んで最初に思ったのは、『コミュニティ・リエゾンの立場の人や団体はいるのかな』ということです。その地域のニーズに対して企業が貢献できるとすれば、コミュニティ・リエゾンと一緒に働くことが必要だと思います」
「公共の一部を担うのなら、公共性を担保する必要があるだろう。」いやいや、それ言ったらNPOとか公共の一部担ってるけど、公共性担保しているとは限らないぞ。 / “ みわよしこ…”
子ども食堂が多様化することは避けられないからもうみんな色々な子ども食堂をやってみればいいと思う。子供たちが選択できるくらいに。
以上

記事本文: 寄付先進国・米国から見た「ファミマこども食堂」の課題 | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

関連記事