TOP > 政治・経済 > ウーバーとは似て非なるCREWの「謝礼は任意」なサービスの目論見 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

ウーバーとは似て非なるCREWの「謝礼は任意」なサービスの目論見 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

近くを走る誰かのクルマをスマホで呼べる、スマート送迎アプリ。そんな米ウーバーや中国の滴滴出行(ディディ)といった「ライドシェア(一般人が有償で他人を運送する行為)」とは異なるドライブのマッチングサービスが、いま人気を集めている。...

ツイッターのコメント(15)

際どいな。すごいとこ攻めてる。
謝礼が貰えないってトラブってる奴もいるんだから
やってる事は白タク以外の何者でもない。
屁理屈で法解釈突破してるだけ
ウーバーとは似て非なるCREWの謝礼は任意なサービスの目論見

自家用車によって有償の運送を行う白タク行為は、道路運送法で原則的に禁止。。こうした謝礼型サービスの形を取ることで法的な問題点をクリアに。
パートナーであるドライバーへの想いがほぼ伝わらない。
好きなモビリティサービスのCREWの記事だ!
これ本当注目してる/
こんなん上手くいく訳がない。
日本人は安くコキ使おうとする奴だらけだぞ
特殊浴場みたいな言い訳だな
マッチングだけやって広告費で回収するのかな?
面白い!タクシーか自家用車かの話をしているわけではなく、資本主義か助け合いかで見ている。タクシーでもライドシェアでもないからこそできることは、移動に困る人が多い地方では沢山あるのだと思う。
日本は規制が厳しいので是非とも頑張ってほしい。あれ、このマーク、昔遊んだ人生ゲームの駒ににている、、、!?
本気で日本を良くしようという気持ちが伝わるアツいインタビュー!
Uberと日本のタクシー業界は本当に相手の弱点ばかり突きあっている状態。お互いの利点を最大限活かす形にすればもっと良くなるのに。
六本木?かどっかのマンションオフィスで話聞きにいったなあ。卓球台が印象的。ビジネス目的のドライバーが出てこない事を祈る。
法律を逆手に取る上手いやり方に目がいくけど、その実創業者の原体験が出発点になって事業のゴール、ビジョンになって、ロジックに落ちてるから面白い。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR