TOP > 政治・経済 > 「家具のサブスク」に金融の発想を取り入れ革命を起こす | サブスク化する世界 | ダイヤモンド・オンライン

「家具のサブスク」に金融の発想を取り入れ革命を起こす | サブスク化する世界 | ダイヤモンド・オンライン

家具のサブスクリプションサービス「subsclife」(サブスクライフ)を手がけるカマルクジャパン。今、日本で急速に広がるサブスクリプションを、家具業界に持ち込んだ企業の1社だ。どのようなきっかけと狙...

ツイッターのコメント(19)

家具もサブスクリプション化!

皆さんがお持ちの身の回りのものもサブスク化できるのでは?

・知識(情報)
・コミュニティー
・自転車
・ブランド品

既にあるけど、当たり前に使っているものって案外見落としがちですね。
返却された家具を新品化したり、廃棄や資金にも対策されてるし単身者とかにすごく需要ありそう😳
グライダーアソシエイツの創業者って家具のサブスクやってたのか。にしても座組みが興味深い。
リース会社を活用して、立ち上げ初期費用ん軽減
サブスクのエッセンスが詰まってる感じ/
うまい。暫定かもしれないが、リース会社は保有を前提のモデルだから。さてリース会社はどう動いてくるか…「カマルクからサブスクしている家具は、厳密にいうとリース会社に所有権があるというケースもあるのです」
今の時代は、定額で〇〇放題がブームみたいですが、家具も1か月とか数ヶ月一定額払って使って、終わったら返却出来るサービスもあるんですね😳

驚きです‼️
早速サイトを見に行った。椅子マニアなので見てみたが、ショボイ。ニトリの方がよっぽど書いたくなるくらいだ… 家具マニア向けのシステムなのに、原価を気にしすぎてどうしようもないショボショボラインナップに...
週刊ダイヤモンド2月2日号の第一特集は「サブスク革命 定額課金の衝撃」ということです。で!カマルクジャパン町野のインタビューを取り上げて頂いています。ありがたや。| 町野健・カマルクジャパン社長に聞く
の波が家具業界にまで。
期間終了後、継続、返却、購入から選べるのも親切。ユーザー目線。

家具を買った時の失敗が少なくなる。
生活が身軽になるから引越しもラク。

の拡大であらゆるモノ、コトへの壁が低くなってきてる。良い時代だわ。
家具でサブスクリプションサービス😳😳
面白い!どんなんだろ?
→サイトが見にくい / (Diamond Online)
新品化させてるのは、初めて知った👏

家具を回収した後は、自社家具はインドネシアの自社工場に送って、新品化してもう一度、新たなお客さまに使っている✨
うはー、これは凄い。
家具でサブスクリプションサービスですか。
実際、普通の人は家具の購入って、一度買ったらそれが仮に失敗でも妥協して使い続けなければいけなかったりしますし、間違いなく潜在的な不便さが我慢されてる市場ですよね。
これは注目。
家具の定価を超えたらお金取らないってのは、一定時期で必ずチャーンしていってしまうということだと思うのでスケールしていくのかが気になった。

ユーザーは安価な値段から家具を使い始められるし、とても嬉しいサービスではあるなあ。
オフィス移転プロジェクトやってた時、オフィス家具の高さと値付けの不透明さに驚いたのを思い出した。家具のサブスクモデルは、法人にも需要ある気がする
買取は定価なので、うーんって思ったが、中古品を新品に修理するスキームあるのはいいね。
最近よく耳にする「定額レンタルサービス」のサブスクリプション。

家具みたいに大きな買い物の時がよりメリットありますね🛋
この企業の強みは定価を越えてもそれ以上請求しないということ。

|
家具のサブスクリプション「subsclife」の町野社長へのインタビュー記事。
赤字先行となるサブクスビジネスでは、我慢が重要です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR