TOP > 政治・経済 > 「買ってもいい」新築マンションが激減している深刻な事情 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

「買ってもいい」新築マンションが激減している深刻な事情 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

新築マンションの売れ行きが急速に悪化する一方、中古マンションは堅調に販売戸数を増やし、成約戸数はすでに新築を逆転している。なぜ、このような現象が起きているのか。背景には、いくつかの事情により、魅力的な...

ツイッターのコメント(10)

おっきーも新築はイケてないって言い出してる
ほんとマンションの値段高くなったよねー!
本文より「筆者が一番深刻な理由に挙げるのは、立地のいい物件が少なくなったこと」
ミニバブルの時も同じ現象がありましたねぇ。
「「買ってもいい」新築マンションが激減している深刻な事情」
ダイヤモンド
単純に人口減ってるのに不動産が増え続けるというのはありえない。実際田舎の方ではタダでもいいので済んでほしいというところも出てきてるし、その動きは加速すると思う。インフラ行き渡らせるのもお金がかかるし、ゴーストタウンが一気に増えてくんだろうなぁ。。
高いのに内装がびっくりするほど安っぽい(安い)家あるよね>建築費が高いと、建築コスト削減のために構造の鉄筋が減り、部材が安くなり、設備は安物になる。こうして、数年前の中古より貧弱な設計仕様の新築が大量生産される
- 妥協してはいけないことは立地だ。資産性に最も影響するのが立地だからだ。なるべく都心寄り、駅近は譲れない条件で、新築価格が高いから郊外や駅遠を選ぶというのは命取りだ
全部その通りだなあ…新しい方が頑丈というわけでもなく、良作が出る時期と不作の時期があるよあなとは思ってた //
新築と中古合わせて100件以上。内見でいったら60件ぐらい見てきたけど、新築に拘る必要が無かったなぁ。
「買ってもいい」新築マンションが激減している深刻な事情(ダイヤモンド・オンライン)

終わりの始まりでしょうか。
筆者が「これはいい」と思う新築物件は、2018年は18棟しかなかった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR