TOP > 政治・経済 > ゴーン法廷発言に見える「起死回生」のしたたかな抗戦術 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

ゴーン法廷発言に見える「起死回生」のしたたかな抗戦術 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

逮捕から50日ぶりに姿を現し、東京地裁の法廷で身の潔白を主張したゴーン氏。その発言を聞くと、起死回生のポイントを冷静に見据えているように感じる。ゴーン氏という元カリスマ経営者が模索しているであろう「抗...

ツイッターのコメント(14)

ルノー会長のゴーンさんの一件ですが、これは極めて冷静な意見ですね。
外国から見れば日産社員の証言なんて「客観的な証拠」とは思えないだろう。
無実を主張することは得策ではないが、日産に損害を与えたという客観的な証拠がないことを強くアピールし続ければ、刑罰の軽重に関係なくゴーン氏を認めてくれる人は絶対いると思う
@dol_editors
| :観光業と原子力発電事業以外でフランスの得意な産業分野ってあるんですか?世界資本主義生存競争に敗れつつあるフランス資本に日産は従属すべきではない。
【なぜ、ゴーン氏は早期保釈につながらない今回のような行動を取っているのか】 (ダイヤモンド・オンライン) 「フランスへのアピール・一番弱いパーツ・裁判官に・訴える・プレッシャー・フランスは「巌窟王」の本家」
カルロス・ゴーンという男は突出した闘士だということです。いわゆる日本のサラリーマン経営者と違って、ルノークラスのグローバル企業のトップに就くような人材は、激烈な社内の権力闘争を勝ち上がって来た「生き残り組」なのです。
これまでの被告とは全く違うでしょうね。>
「ゴーン=悪人」という前提で書かれた扇情的な記事、に思えてしまいます。そんなことより「ゴーン氏の行ったことが本当に日産に損害を与える背任行為に当たるのか」を、もっと徹底的に検証すべきでしょう😓
どういう裁判が行われるか注目の闘い!
「ゴーン氏は検察ではなく裁判官を戦う相手に選んだ」…最初から、ゴーンは割れない、と言ってたじゃない🤣。
@nekokumicho @smith796000 金融に詳しい方々がゴーン氏の黒を確信している中、ほぼ、トンデモな言説がダイヤモンドオンラインに掲載されています。w
無罪を主張する限り拘留が続く
無罪を訴える気力が削がれていくね

日本では
疑われるようなことをするな
という風潮が治安を守っている
疑われたら終了

ゴーン「起死回生」のしたたかな抗戦術 |
興味深い記事だが、2ページ目の「推定有罪や人質司法が日本の治安の安定に役立っている」は違うと思う。
|
なるほど。
ゴーン氏は検察ではなく裁判官を戦う相手に選んだ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR