TOP > 政治・経済 > 東大生は「4つの目的」で、買うべき本を選んでいる | 東大生の本の「使い方」 | ダイヤモンド・オンライン

東大生は「4つの目的」で、買うべき本を選んでいる | 東大生の本の「使い方」 | ダイヤモンド・オンライン

15コメント 登録日時:2019-01-12 05:46 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

今回も、著書『東大生の本の「使い方」』を上梓した、元東大生協書籍部主任の重松理恵さんが、東大生の読書の実態を紹介していく。今回取り上げるのは、東大生は本を買う際に、実は「4つの目的」で選んでいるという重松さんの発見について。東大生協で売れるベストセラーの多くは、その4つの目的のどれかを満たしているのだという。...

Twitterのコメント(15)

①世界で活躍するため、②スキルアップのため、③幅広い教養のため、④最新トレンドを得るため。効果的に本を活用してるなぁ。
← 庶民とは読む本のセレクトから目的からして違うのであった(笑)
東大生になれなくても、東大生の事例や思考は手に入れられる。
勉強になりました。
東大生は本を買う際に、実は「4つの目的」で選んでいる。
1つ目は、「世界で活躍するため」
2つ目は、「スキルアップをするため」
3つ目は、「幅広い教養を身につけるため」
4つ目は、「最新のトレンドを追うため」
②スキルアップ→「地頭」「難問」などがタイトルに入ってると人気
③幅広い教養を身につけるため→哲学、歴史、芸術、文学、数学、医療など
④最新のトレンドを追うため
②スキルアップをするため
③幅広い教養を身につけるため
④最新のトレンドを追うため
②スキルアップをするため
③幅広い教養を身につけるため
④最新のトレンドを追うため

これからの時代を生き抜くのは、目的をしっかりと掲げ自分の血肉となる本を読み込んでいく人
なるほど。参考にしよう。
読んだけど、全部の目的について、「東大生」である必要はなく全員に当てはまること。
東大に漠然とした憧れを持ってるひと、多すぎない?学歴コンプはもういいよ。
世界で活躍、スキルアップ、教養、最新。確かにこの読書ポートフォリオは意識してる→
東大生は「4つの目的」で、買うべき本を選んでいる(ダイヤモンド・オンライン)
こういう人達は生まれつき知識吸収するキャパが大きいから、自然とそういう欲求が出てくるだけだと思う。
運動得意な人がジムに通うのと似たようなもので。
☑世界で活躍するため
☑スキルアップするため
☑幅広い教養を身につけるため
☑最新のトレンドを追うため
頭のいい人ですら勉強しているのに凡人はぼーっとしている。差がつくのは当たり前。社会人こそ勉強しろよ!
以上

記事本文: 東大生は「4つの目的」で、買うべき本を選んでいる | 東大生の本の「使い方」 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事