千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > ビール業界に大逆風、市場縮小・酒税変更でも生き残るのはどこか | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

ビール業界に大逆風、市場縮小・酒税変更でも生き残るのはどこか | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

10コメント 登録日時:2019-01-08 06:39 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

その小型マシンは、日本のビール文化を変える“チェンジメーカー”となるだろうか。キリンビールが開発し、2018年3月から全国の飲食店への展開を始めたビール専用ディスペンサー「Tap Marche(タップマルシェ)」のことだ。...

Twitterのコメント(10)

冒頭の「至高の多様化」って誤字のせいでもうイメージが海原雄山しか出て来ねぇぞこんちくしょう!
「大手のビールはクラフトビールと呼べるか」で物議を醸している記事。
クラフト業界を黎明期から支えてきたファンには受け入れ難いが、明確な定義がないのも事実。
大手は、アメリカに習って「クラフティ(クラフト風)」や従来の「プレミアムビール」呼称をするのはどうか。
けだまファミリーさんが不快感表明してた記事がようやく見つかった(;´∀`)
ビールってこんなに縮小してるんや?居酒屋にいながらここまでとは知らなかったわ
ビール業界、長い目で見るとタバコ同様、厳しそうな印象です。

ビールは、太るし、健康にも悪いし、家計への負担にもなるし、高齢になるとビールよりも日本酒や焼酎ワインに移る人多いし。

| ダイヤモンド
「大手の量産ビール…クラフトビールとは呼べない」と冷ややかな見方もあるが、石田本部長は「…ビール市場を活性化させるという大義がある…」」
笑止千万な反知性主義。
ビールの会社って グループ単位で見ればお酒全般飲料全般 売ってるし 海外でも展開してるから日本のビールの税金の話だけしてるのはどうもスケールがちっちゃい気はする / (Diamond Online)
大手4社においても、時期によって飲みたいビールは違ってくる。
ディスペンサーはクラフトビール含め様々なビールを飲むことができる故お客様に楽しみを与える契機になり得る。
キリンはディスペ...
またゆっくり読んで考える
外食の販売で見ると、敢えて原価率高く粗利額が低い通常のビールを売る必要性は低いです。ただ、ビールを嗜好品と捉えたクラフトビールだと原価率は高いとも、売価設定により粗利額を伸ばせるのが魅力です。 / ビール...
以上

記事本文: ビール業界に大逆風、市場縮小・酒税変更でも生き残るのはどこか | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

関連記事