TOP > 政治・経済 > 東急沿線を不動の人気エリアに育てた「進化するブランド戦略」 | イノベーション的発想を磨く | ダイヤモンド・オンライン

東急沿線を不動の人気エリアに育てた「進化するブランド戦略」 | イノベーション的発想を磨く | ダイヤモンド・オンライン

東急電鉄は、沿線の住宅地の開発や、住民の暮らしの充実に注力し、常に住みたい路線、駅などのランキング上位を占めてきた。では東急電鉄は、どのように「まちづくり」を進め、ブランディングに結びつけたのだろうか。...

ツイッターのコメント(12)

@sanadam1106 ブランド戦略が上手いからかな。
東急電鉄は都市開発→鉄道の順番、西武鉄道は鉄道→都市開発の順番。
これが街づくりの違いに現れていると分析しています。
興味深い。
「東急沿線を不動の人気エリアに育てた「進化するブランド戦略」」
ダイヤモンド
街づくり
西武と東急の違い
なぜ東急は人気ブランドになったか
面白いです!
実需エリアについては本当にブランドが大事
>さまざまな西武グループのサービスを使っていた
>日常の買い物は駅前の「パルコ」と「西友」。それで用が済まないときは、電車で1本の池袋に「西武百貨店」がある

旧セゾングループとの区別が出来てない。
“東浦氏には、グループ各社共通のICTプラットフォームを構築し、東急沿線の住人に「レジデンシーカード」を発行する構想などもあるという。”
あとで読もう / (Diamond Online)
ほぉ…
「まちづくりが先か、鉄道が先かで変わる駅周辺地図」とな
(゚ー゚*)フムフム
今日も自由が丘駅前で閉店セール詐欺やってたよ
東急と西武の開発の順番が逆、って話は面白かった。「私鉄3.0」の構想は微妙。それよりはMaaSとか自動運転でしょ。 /
ベッドタウンとして発展した郊外のアップデートができるかどうかが肝でしょうね。/
私鉄3.0。独自の経済圏を持てるパワーが東急グループにはあるのかもしれません。 / (Diamond Online)
以上
 

いま話題のニュース

PR