TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 東大生は月に何冊...

東大生は月に何冊くらい本を読んでいるのか? | 東大生の本の「使い方」 | ダイヤモンド・オンライン

12コメント 登録日時:2018-12-29 08:10 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

東大生が日頃どんな本を読んでいるのか、それを最も知るのが、東大生協の書店員だ。著書『東大生の本の「使い方」』を上梓した、元東大生協書籍部主任の重松理恵さんが、東大生の読書の実態を紹介する。重松さんによると、東大生にはある共通する読書習慣のルールが存在するという。...

Twitterのコメント(12)

一冊もいかないくらい
ベストセラー系を全面に押さずにできるのは、大学がバックがある生協ならではで、東大生がおやつ感覚で本を買ってくれるからだろうなぁ。/
東大生協書籍部からの面白い視点。図書館の利用とかについても知りたくなります。/
東大生の平均的な読書スタイルではないと思うが,それにしても興味深い。→
‘東大生協書籍部で働き始めて、まず驚いたのが、東大生がたくさんの本を気軽に買っていくことでした。’
下位の大学の学生に比べて本を読む気があるからというのももちろんあるでしょうし、どんどん買ってもお金の心配はないという生活感覚に慣れているからだとも思います。
「東大生はお菓子を買う感覚で 気軽に本を買っていく」
本がおやつに分類されることは広く知られている.
本をたくさん大学で読んできたけど、リベラルアーツを学ぶことで、自分の進路とか意見とか考えるときにとても役立つ。
インターンで他大学の人と渡り合えたのも読書のおかげ。学校で学んだことはほとんど使わん。
「東大生協書籍部は、東京大学のキャンパス内にある書店です」「利用者がほぼ東大関係者であるという、ちょっと特殊な書店でもあります」。/
東大生にこういう質問をすると、「重要なのは冊数ではなくて、本の中身だから」などと理屈っぽい答えが返ってきたりします。
しかし、実際のところは、月平均3~5冊くらいのようです。
よし、来年から月2は最低読もう。
「ダイヤモンドオンライン」で『東大生の本の「使い方」』をご紹介いただいています!
以上

記事本文: 東大生は月に何冊くらい本を読んでいるのか? | 東大生の本の「使い方」 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事