TOP > 政治・経済 > 中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機 | 相続・事業承継 最新知識 | ダイヤモンド・オンライン

中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機 | 相続・事業承継 最新知識 | ダイヤモンド・オンライン

18コメント 登録日時:2018-12-29 07:38 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

団塊世代の大量引退や人口減少、少子高齢化…。日本を取り巻く数々の問題を放置すれば、2025年に大廃業時代が訪れ、日本列島が沈没しかねない。...

Twitterのコメント(18)

ゾクゾクする不安はこれだったかも、、
@arapanman 日本を支えてきた中小企業の127万社が25年までの廃業予備軍とされているので、下請けさえ出来ない、あるいは、中小の多くの割合で外国人経営者が就くという時代を迎える可能性も。いやはや。
若い人は起業の大チャンス!
2015年の経営者年齢のボリュームゾーンは66歳前後で、その50%が後継者不足などで「廃業する」との意向のため中小企業の半分が消失する可能性があるそうです。
「中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機」
ダイヤモンド
煽り込みの記事で、すでに今年の1月に似たようなことを書いてありますし、かなり前からそこかしこで言われています。事業承継云々よりももっと奥深い闇の深いものがあります。事業承継なんか...
事業継承は、ただ継承されることでは意味がないと思います。
その企業がその企業らしさを維持しながら継承されることが地域の産業の継承ために必要。
特に地方にはその技能を持った専門家が少ないと感じています。
田舎の中小企業が1番ヤバイんじゃない?
まだ終身雇用や年功序列と言ってる企業が多いのは、経営者がバブル期を卒業していないからです。

結局、その代で消滅した方が日本の為に良いかもね(^^)
まじめに日本の多層ヒエラルキー構造(企業カースト制度)の改革に向き合わないとマズイですよね。。
2025年に3社に1社が後継者不足、廃業でなくなるという試算が。
本当に!?
危機的状況でない!?
なんてこった(´⊙ω⊙`)
消滅ではなく「淘汰」だが、こういう問題は法人のSNS化で解決していくと思う。
今までできなかったリースの形や、マッチングも進むだろうし。決済の形も変わるはず。
 ↓
中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機。
会社選びは重要
大学での就活は真剣に取り組むべし
ぶっちゃけ生涯賃金1億円以上違ってくる
"2025年に経営者が70才を超える企業のうち、127万社が廃業予定"

潰れる数と同じくらい起業すればいいんじゃね(適当
世は正に大廃業時代。
淘汰され時代の変化に対応し続けられるニュータイプが生き残っていく。
世の中や政治家や経営者を恨んでも、誰一人アナタを助けてくれる人はいない。
動け、もがけ、自分の頭で考えろ…自らに言い聞かせる。
リクナビNEXTって「?」ってレベルのお誘いが来るのは俺だけ?エージェントからの応募紹介も「何を見てこの会社の求人を俺に紹介したの?」ってものばかりで速攻辞退。アンテナはLinkedInだけで充分かも。
と思ったらこんな記事が。なるほどリクナビを頼る中小は必死だな。
以上

記事本文: 中小企業の半分が2025年に消滅!大廃業時代の現実と危機 | 相続・事業承継 最新知識 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事