TOP > 政治・経済 > 日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

『週刊ダイヤモンド』12月8日号の第1特集は「日本人はもうノーベル賞を獲れない──科学技術立国の危機」です。21世紀に入ってからというもの、米国に次ぐ世界2位のノーベル賞受賞者を輩出している日本ですが、実は科学技術立国の足元は驚くほど揺らいでいます。その実態を知る関係者ほど「このままではもうノーベル賞など期待できない」と嘆きます。その理由を追いま...

ツイッターのコメント(19)

研究開発費の抑制
公然と二番じゃダメか聞いてしまう無能な政治家
ゆとりや多様性という価値観の変化
未来よりも今の福祉
これはほんまにそう
イイ歳こいて、小保方ツブシに熱を上げて喜んでるようじゃ~、話にならんがな。・・・❖
カネも、ヒトも、情熱も、
消え、

科学技術どころか、

鉄道などのインフラも、大学も、企業も、
衰退する。

これが少子高齢化の行く末だ!

東日本が地方と対比されているということは、東北も中央なのか。

-
「ノーベル賞受賞者の出身高校については、全26人のうち、東日本の高校出身者はわずか7人。また、ほとんどが地方の公立高校出身です。東日本でも特に東京都となると極端に少なく、利根川進氏のたった1人。」
いやいや笑笑
大筋分かり切ってる話だけど、東日本云々のくだりは、何を言いたいの?日本国内の地域偏在生がどうかしたの?
昔はどの企業でも自社研究が盛んだったけど、今の日本では自社研究を行う所が少なくなってる。
それは、景気後退によるあらゆる産業の商社化体制の弊害。
数学にはノーベル賞はないけど、フィールズ賞やアーベル賞やガウス賞等もある基礎中の基礎学問。だれでも算数・数学は好きになれます😄
関東人はユニークであることに対するアレルギーが酷いからかも。
<日本人はもうノーベル賞を獲れない?深刻な科学技術立国の危機_本庶氏は日本の基礎研究について「私達の世代、次の世代までは何とかやってこられた。今の40代以下は大変つらい思いをしている」近年の日本人ノーベル賞受賞は1980〜90年代までの研究環境による成果
企業による大学への投資額が少なすぎるのが問題。学生への奨学金も足りない。>
反アベ学教授の山口二郎に5億も交付するくらいなら、こっちに金を回せよと思うわ。
ノーベル賞受賞者の出身高校は全26人の受賞者のうちほとんどが地方の公立高校出身

 特に東京都は利根川進氏(都立日比谷高校)のたった1人。都内にはたくさんの名門中高一貫校があるが、中学受験を勝ち抜いた首都圏の偏差値エリートたちは、意外にもノーベル賞とは無縁
真に美しい国になってほしい

近年、日本人のノーベル賞受賞が続いている。だが、それは1980〜90年代までの研究環境による成果であって、その後の日本の科学技術政策を鑑みると、これから先はとても期待が持てない
これだけ教育への投資をケチる国なのに当たり前じゃないか。 >
@YujiShitamori 『こんな人たち』呼ばわりする
この国の首相からノーベル受賞
イイねの首相案件はもう要らない!
ノーベル賞。「全26人の受賞者のうち、東日本の高校出身者はわずか7人。また、ほとんどが地方の公立高校出身」「東日本でも特に東京都となると極端に少なく、利根川進氏(都立日比谷高校)のたった1人」
今そこにある危機
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

PR