TOP > 政治・経済 > 新築マンション売れ行き悪化、値引き交渉できる物件の見極め方 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

新築マンション売れ行き悪化、値引き交渉できる物件の見極め方 | ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 | ダイヤモンド・オンライン

新築分譲マンションの売れ行きが、目に見えて悪化している。不動産価格は高水準維持を3年も続けており、そろそろ下がってもおかしくない時期だった。マンションを探している人にとって、これからは値引き交渉をいか...

ツイッターのコメント(12)

景気後退局面で潰れかけ新興デベロッパーから売れ残りを買うと値引してくれるという、当たり前のお話だった。
| ダイヤモンド・オンライン
ようやくマンションのマーケットも曲がり角か。沖さんのデータに基づく分析だから信頼できるな。

| ダイヤモンド・オンライン
本文より「物件ごとに売れ行きが苦戦しているかは、1期に売り出す戸数の割合から判断できる」なるほど・・・。
「新築マンション売れ行き悪化、値引き交渉できる物件の見極め方」
ダイヤモンド
物件ごとに売れ行きが苦戦しているかは、1期に売り出す戸数の割合から判断できる。
総戸数が50戸未満の場合、1期の分譲割合は64%が平均になる。売り出された戸数がこれよりも少なければ、苦戦している証拠になる。
オリンピック終わり待たずに暴落すんのかな?
タイミング的に厳しくなる人もいる?
実需もきたか。仕込みから販売までのタームが長い奴は波でやられる…。選手村大丈夫?>「新築マンション売れ行き悪化」(ダイヤモンド)
値引き交渉する以前に、新築の区分マンションのほとんどは買ったら損すると思います。 / (Diamond Online)
総戸数50戸未満の場合1期分譲割合は64%が平均。売出し戸数がこれより少ないと苦戦の証拠。同様に100戸未満は49%、150戸未満は40%、200戸未満は37%、400戸未満は34%、400戸以上は27%となる。総戸数75戸の場合、1期分譲割合が30%なら過去平均の49%を下回り苦戦の証拠
マネオの遅延にあわせてこの記事読むとピーク過ぎちゃってるのかなあと思う / “ | ダイヤモンド・オンライン” (1 user)
マンションは、過剰~。

新築マンション売れ行き悪化、値引き交渉できる物件の見極め方(ダイヤモンド・オンライン)
不動産は基本的に値引き交渉を臆さずすべき。本文にあるように大手グループ未満では第一期でも余地がある。大手も数万円のギフト券をくれたりする。

#
沖先生の教え…

総戸数が50戸未満の場合、1期の分譲割合は64%が平均になる。
売り出された戸数がこれよりも少なければ、苦戦している証拠になる。
同様に100戸未満は49%、150戸未満は40%/
| ダイヤモンド
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR