新幹線vs飛行機、予約方法や料金体系は「飛行機が圧勝」の理由 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

12コメント 登録日時:2018-10-05 05:08 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

飛行機1便が250~500人を運ぶのに対し、新幹線は1本で1000人。この輸送力の差が空席率へのスタンスの違いを生み、利用者の運賃や予約サービスの利便性にも影響している。...

Twitterのコメント(12)

新幹線や在来線特急普通席と拮抗できるJ級座なんて先特でも特便割3でもすぐ埋まるんですが気のせいですよね??
JRもヨーロッパ並みにならないかな>
<飛行機1便が250~人を運ぶのに対し新幹線は1本で1000人。輸送力の差が空席率へのスタンスの違いを生>むとあるが、別の重要な要因があると思う。新幹線は立ち席客を受け入れており、座席数以上の旅客を運べるので、飛行機やホテルのように100%スレスレをめざす必要が無い。
飛行機の定時率は思っている以上に低いから、料金(コスパ)だけで選んだら失敗すると思う。
特にLCCは少ない機材でやりくりしてるから遅延が多いし。

新幹線vs飛行機、予約方法や料金体系は「飛行機が圧勝」の理由(ダイヤモンド・オンライン)
「えきねっと」は、「いかに使い勝手が悪いかを社会実験してつくられたシステム」(JR関係者)と身内からやゆされる始末/ホントそれ!!!!!
広辞苑の紙よりぺらっぺらな記事だな…---
価格帯でいえば陸路で25000円が分岐点かな。エアラインは当日でも一月前でも運賃がほぼ変わらない料金体系も導入すべき/
「週刊ダイヤモンド」の特集バックナンバーから、タイムリーな記事を再編集してお届けします。…
>JR東日本の予約システム「えきねっと」は、「いかに使い勝手が悪いかを社会実験してつくられたシステム」
 
酷評ワロタ
「えきねっと」は、「いかに使い勝手が悪いかを社会実験してつくられたシステム」
JR東の予約システム「えきねっと」は、「いかに使い勝手が悪いかを社会実験してつくられたシステム
1番のメリットは時間を買える事 / (Diamond Online)
以上

記事本文: 新幹線vs飛行機、予約方法や料金体系は「飛行機が圧勝」の理由 | 週刊ダイヤモンド特集セレクション | ダイヤモンド・オンライン

関連記事