TOP > 政治・経済 > 6000万のマンションを30代共働き夫婦が「買える」と思ってしまう危うさ | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

6000万のマンションを30代共働き夫婦が「買える」と思ってしまう危うさ | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

マンション価格はこの20年余りでかなり高騰した。60平米以上のファミリータイプで都心に近い場所に限ると、6000万円を超える物件が多い。高い、本当に高くなっている。30代のカップルには高すぎる価格で気...

ツイッターのコメント(13)

手取り収入のグラフの右肩下がりひどい。
平均貯蓄額推移が右肩下がりなのが実に悲しい。。
普通に考えて3000万円を共働きで買うのですら必至に働く状況になるよ。4000〜5000万円を求めるデベロッパーの社員さんその物件買える?
首都圏は息をするだけでも大変
平均で見ている限りは他人事なわけで「30代共働き夫婦が6,000万円のマンションを買う」のは止められないと思う。
この10年給料が上がっても実質手取りは減る一方、しかも子どもがいると教育費が半端なく出て行く。やめた方が良いと思う。
親が買ってゴミ価格になってる郊外物件を見てるからだろうなあ… 郊外買って通勤ラッシュに耐えながら返済安くするより都心買って売却価格キープできる可能性に賭ける方がいいと僕は思う。買えるなら。
本文より「老後が心配なら、65歳以降も延々と返済が続く住宅ローンを組んではいけない」同感です。長い返済期間に、収入も金利もどうなるかわかりませんしねぇ。
「6000万のマンションを30代共働き夫婦が「買える」と思ってしまう危うさ」
ダイヤモンド
30代で400万が平均貯蓄ってすごいなと思ったけど、貯蓄って金融不動産資産含むことらしいのでむしろ少ないなと>
>マイホーム購入を保育園で縛られないためには、子どもが授かる前に都心からほんの少し離れた「子育てがしやすそうな街」に住んでおくのが最善の策だろう。ぜひ、実践してもらいたい。

子供が産まれてからマイホームを買うよりも、先にマイホームを購入してから小作りなのか
これって、別に家賃14万のところに住んでて共働き月々10万以上貯蓄できてたら、別に問題ないし買えると思うんだけど?なんでぎりぎりでローン組む。ということがリスクで価格はリスクではない。
普通に考えて6000万のローンとかすごい額だと思うんだが、みんな感覚が狂ってるよね。ワイは家買ったけどローン組んでないよ(´・ω・`)
世帯年収700万の夫婦が5500万円を借り入れるのはリスク高。一般的には、年収の5〜6倍が安全ラインといわれています
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR