TOP > 政治・経済 > 「韓国をいかに利用するか」首脳会談にみる北朝鮮外交の狡猾 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

「韓国をいかに利用するか」首脳会談にみる北朝鮮外交の狡猾 | 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 | ダイヤモンド・オンライン

9月19~20日に開催された第3回南北首脳会談を通じて見えてきたのは、北朝鮮が米国との交渉を有利に進めるため、韓国をいかに利用するかという点で、周到な計算と準備をして臨んだという現実だった。...

ツイッターのコメント(10)

何故共同宣言書の大きさや形がちがう?中身が違う2つの宣言があるということ?>
朝鮮半島統一すれば、韓国籍の在日は、日本に居る理由が完全になくなる☀️(=^ェ^=)。
…北に取り込まれてる大統領に呆れる。
同じミンジョクなのに、何でこんなに差がついたんだろ /
「韓国ウォッチ」?

「安倍政権が北朝鮮をいかに利用してきたか」

南北首脳会談をネガティブに伝える狡猾な連中。
「狡兎死して走狗烹らる」という諺があるが経済が低迷する中、国民の目をそらし、国際的にもアピールするためにも韓国大統領は必至だ。だが、追っている相手が兎ではなく狡猾な豚なのだ。散々振り回された挙げ句、最後は骨の髄まで煮られて食われるだろう。
北朝鮮外交は、あたかも敬意を払って対話しているかのような姿勢を示すことで相手を信用させ、北朝鮮が最も重視する部分で譲歩させること。
「韓国をいかに利用するか」北朝鮮外交の狡猾 | :外交は帝国主義はなやかなりしころから進歩していない。著者の書くことはその通り。ところで米国がイスラエルの核廃絶を要求しないのはどうして。ガザ地区その他で過剰防衛・攻撃をしているね。旧約聖書の記述そのままだ。
| 元駐韓大使・武藤正敏 しかし文在寅大統領が、金正恩委員長のソウル訪問の“お土産”として過大な経済的支援を与えれば、北朝鮮の非核化への圧力を弱めてしまうことになりかねないことを肝に銘じるべきだ。
北朝鮮の目的は、トランプ大統領が中間選挙前に北朝鮮との取引で成果を出そうとしている状況を利用して米朝会談を実現し、米国と有利な取引をすること。武藤正敏さんのコラム。  北朝鮮は、南北首脳会談で非核化に前向きになったのではなく、米国を引き出す工作をしている。
以上
 

関連記事

いま話題の記事

135コメント 5 時間前 - note
PR