定年後に「趣味」が果たす役割は想像以上に大きい | 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン

「趣味の達人」と呼びたくなるような人が少なからずいます。そうした人を見ていて、以前は「仕事に打ち込めないから、趣味に走るのだろう」程度にしか思っていなかったのですが、大きな間違いであると気づきました。...

ツイッターのコメント(24)

うちの五十代のスタッフが、四十代の生徒さんを募集したいとか。イラストや漫画は副業としてベストですよ。私に直接DMを下さい。以上、宜しくです。
まったくその通り!
定年後は考えなければならないが,得意・好きな科目が仕事になり,楽しくてしょうがなく,ほかに趣味の持ちようがなかった。
気づけば30、40、50、定年へ。何事も早めに。まずは行動。時間は取り返せないし。
読書や旅行は現役の時から趣味としてうってつけですねええ。
画像が楽器演奏になってるなぁ…
定年までずっと仕事一筋の人は
定年後に自分のコミュニティを
作ることや新しい居場所に
馴染むことも慣れない。

なので、定年後は
けっこう寂しい思いをする。

そうなる前に、色んな人と
話すことに慣れた方がいい
遊び方を知ってるとこんな風に困ることは無くなる。
趣味とはなんぞや
 
PR