TOP > 政治・経済 > 日本人の大腸がん、予防・早期発見しやすいのに減らない理由|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

日本人の大腸がん、予防・早期発見しやすいのに減らない理由|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

日本人の大腸がんの死亡率は男女ともに増加しています。本来、大腸がんは数あるがんの中でも最も管理しやすいものの一つです。それにもかかわらず、なぜ予防や早期発見ができていないのでしょうか。...

ツイッターのコメント(25)

「大腸がんが見つかった」という人は周りに結構いるのですが、それで亡くなったという話はあまり聞きません。根治しやすい癌のようですね。

| 男の病気 | 健康 | ダイヤモンド・オンライン
| 男の病気 | 健康 | ダイヤモンド・オンライン
【ダイヤモンド・オンラインに阿保院長の寄稿記事が掲載されています】


がんの発症は食事の影響を強く受けます。大腸がんが減らない背景には、食習慣の欧米化や、野菜の摂取量の減少、運動量の少なさがあるようです
製薬会社の利益が云々という話もあり調べてみました。実は日本とアメリカの差は、ある巨大メーカーが深く関係しているんですね。

レポートではこの疑問について誰もが気が付いていない 某巨大企業が絡んでいる驚愕の理由を暴露しています。
大腸内視鏡検査を自分のクリニックで 後輩で一流の医師にしてもらった。信頼して受けたこともあってか全く辛くなかった。
尻を出すのと死とどちらを取るか?→
日本では大腸がんの死亡率は肺がんに次いで2位、特に女性ではがん死亡率のトップになっています。もともと大腸がんの死亡数が多かった米国は、国家的な対策により大腸がんの死亡数を減少させることに成功しています。一方で日本は、増加の一途をたどっています。
大腸がんで死ぬのは馬鹿らしいってほど予防・完治がしやすいとのこと / (Diamond Online)
予防医療の大切さはホリエモン(@takapon_jp )の本「健康の結論」にかいてあり、この記事はドンピシャの内容である!!👇
大腸がんなどのような予防しやすいガンで死んでしまうのは避けたい。治療や死んでからお金がなくなるより予防で健康にお金を使った方が得だろう。
大腸内視鏡検査は40になってから毎年受けています。
2リットルのポカリ味の下剤入りドリンク飲むのが若干辛いですが、時間かけてゆっくり飲めばいいので大したことはありません。

病院によっ...
私もまだ若いですが、なるべくならリスクを下げたいので検査しないと。 / (Diamond Online)
大腸癌の早期発見、僕が40歳になる頃までには、血液検査、CT画像なり、カプセル内視鏡なりでポリープの存在が確実にわかるようにならんかな。
日本人のがん罹患率・死亡率が減らないのは、 食の欧米化、運動量の少なさも背景
大腸癌は早期発見できればほぼ治るのに、内視鏡が嫌だからと放置したために人工肛門や抗癌剤を投与し続けないといけない人を何人も見た。
検診での便潜血で検出される癌はかなり成長しているものなので、内視鏡もしくはCTC(CTによる大腸検査)は是非受けてほしい。
検査方法の改善は不可避だろ。:
そろそろこーゆーのを真面目に考えないと
癌は病院では治せないと考える人々が増えていくと困るから、「早期発見、早期治療が重要だ」と唱えるのでしょうね。
内視鏡検査やってみるといいよ・・・>
。大腸がんは、高生存率の3つの要素である「早期発見が可能、進行が遅い、治療法が確立している」を全て満たすがん。
胃がんも大腸がんも早期発見可能なら、ドックに含まれてるのかな?
便潜血検査じゃ間に合わないこともあるだろうから、確実な内視鏡検査をやっておいた方が良い
日本人の大腸がん、予防・早期発見しやすいのに減らない理由(ダイヤモンド・オンライン)

これだけ医学が発達しているのに大腸検査だけは屈辱的や羞恥心といった不安を煽って進歩がない現状
検査前に飲む2ℓの下剤もツラい
腸張るから、収入が得られるようになったら検査受けよう
これね。心配だから内視鏡検査してきたよ笑

バリュームじゃよくわからんのよ。

だから会社の健康診断だけじゃ安心できんよ
以上
 

いま話題のニュース

PR