千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > なぜ日本人は有給を取れず、フランス人は取れるのか | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

なぜ日本人は有給を取れず、フランス人は取れるのか | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

17コメント 登録日時:2018-09-05 08:04 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

株式会社ワーク・ライフバランスの創業メンバー大塚万紀子氏と、Nagata Global Partners代表パートナーでパリ第9大学非常勤講師も務める永田公彦氏の対談を全3回でお送りする。一人ひとりの働き方や生き方は、今後どう変わっていくのか?より充実したものにするには何が必要なのか?働く人(生活者)と働いてもらいたい人(経営者)、海外から見える日本人社会の文...

Twitterのコメント(17)

有給を取りたい!
で、こんな記事見てみました。趣味とか、難しく考えないで、楽しむ心の余裕が必用ですかね。
なんだか、考えさせられますよね。
「日本では権利の言葉にネガティブなイメージが付きまとっているので、本人も主張しにくい。」

自己を主張して「浮く」ことに耐えないといけないところはあるね。
日本企業では有給休暇とると査定が下がって出世しなくなる不思議。どれだけ我慢できるかが大切な社会。どれだけ結果を出したかではない。
日本人=幸福度が低い、とか働き過ぎという思い込みや先入観がそもそもナンセンス。しかもわざわざ欧米のライフスタイルや思想を基準にしたり前提として優れてると思い込んでる。
価値観の変化に気づいてもらうのも大事っすね、従業員という顧客は変わるわけではないし
有休を取りにくいのも文化だ。

学校で枠にハマった教育を受けるから集団でいることを当たり前にする。

枠にハマっては、自分のやりたいことを見つけるのも困難だ。

枠にハマるな。

幸せは、枠...
>おそらく日本では、幸福度とか充足度に対する意識が未成熟なように思います。

単に文化背景が欧米と違うだけでは?

各国が持つ文化を否定して、欧米を基準にして一緒にすることが幸福かと言うとそれも違うかと思います。
「おそらく日本では、幸福度とか充足度に対する意識が未成熟なように思います。」これは大きでしょうね。それと死生観や哲学も影響するのかな?/
「権利意識」は、色んな場面で日本の特徴を決定付ける要素と感じます。医師は過重労働を受け入れ、患者は治療の誤りがあっても泣き寝入りし、薬剤師は医師の顔色を窺います。
|
【餅米】みなさんー!お休み、取ってますか?
休む事だって一つの権利、でも中々休みにくいの、なんでだろう…?
そんな事を考えるきっかけになる面白い記事です。

♯socialsalon ♯人権 ♯社会問題を自分ゴトに
休みは自分で決めて実行。
今年は売上が良くないので、有給は3日までと言われている。取れるだけマシと考えるしかないけど。/
生活にパリ(張り)があるからな!!記事よんでないけど!!これ言いたかっただけ!! / “ | ダイヤモンド・オンライン”
趣味のハードルが高いっていうのは本当にそうだな・・・
何かが好きだと言っても「自分のほうが詳しい!」と言い返すマウンティングもあるし。
そもそも国の性質が違うからだろう。日本人は勤勉で休みを取ったら周りに迷惑かかると思ってしまい取れないパターンと会社が付与だけして取らせないパワハラ系。公務員は後者
有給休暇の取得率の公表を義務化してほしい。間違ってブラックに入っちゃう人が減るんじゃない?あ、でも改竄社会だからどうかな…。
以上

記事本文: なぜ日本人は有給を取れず、フランス人は取れるのか | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン

関連記事