TOP > 政治・経済 > 職業、出世…叶わぬ「夢」を正しく諦める方法 | 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン

職業、出世…叶わぬ「夢」を正しく諦める方法 | 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン

プロになれる高校球児の数は、甲子園でベンチ入りしている選手の総数と比べても、はるかに少ない数です。ほとんどの甲子園球児たちは、夢が破れる運命なのです。では彼らはどうやって、抱いてきた夢に決着をつけるのでしょうか。今回は「夢の上手な諦め方、正しい諦め方」について考えてみましょう。...

ツイッターのコメント(10)

「夢は近づくにつれて必ずや目標に変わります。目標は夢とは異なります。目標は達成されない限り、失敗なのです。」
いい話だな。休日出勤がんばる
必読!!
いや、むしろこれ思春期に身に着けておかなきゃ。
そりゃ上手くいかないことも沢山あるけどさ、都度「納得するまでやる」ことを積み重ねていければ後悔はないんじゃない。
あとドラッカーの「人は一年で出来ることを多く見積もりすぎるが、五年で出来ることを少なく見積もりすぎる」って言葉によく救われる。
中々のものでした。
そういう気持ち(夢は諦めても持ってはおく)にもなれないかもですが
夢と目標を分けること。見ていて確かになるほどと腑に落ちました。/
最近タイムラインでもチラチラ見かけるんだけど甲子園球児のその後ってあれだけの想いしても別に保証されないし、普通に生きてたって正直明日の保証さえないんだよなぁ。しんど。
夢を「正しく」諦めるかー。
いいこと言うよねー。
人生って いつまでも 難しいねー。
選択の連続

職業、出世…叶わぬ「夢」を正しく諦める方法(ダイヤモンド・オンライン)
この人の言いたいことはよくわからんが、諦めは肝心、しかし、実際は諦めよりも妬み(嫉妬)が、邪魔するんだよなぁ。この人はそこに触れていない、からイマイチ説得力がないのかな😅
以上
 

いま話題のニュース

PR