TOP > 政治・経済 > 会社員人生で「負け残る」か「逃げ勝つ」かの分かれ道 | 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン

会社員人生で「負け残る」か「逃げ勝つ」かの分かれ道 | 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン

会社の役職に固執し、今の仕事だけして何の準備もしないまま定年・再雇用終了を迎える人もいれば、早期退職勧奨を断れない状況に陥る人もいることでしょう。第2の人生で後悔しないようにするにはどんな点に気を付けたらいいのか、今回は会社員人生で「負け残る」か「逃げ勝つ」かの分かれ道について考えてみましょう。...

ツイッターのコメント(12)

社内キャリアカウンセリングにより転職をやめて社内で新しい道を歩んだという方のケースです。キャリアカウンセリングの好事例ですね。
勝つ負けるて何だ? 結局なにがしたいかだと思うが
勝ち負けとかどーでもいいわ。
ワールドカップじゃねーんだから /
転職・副業の考え方

| 定年前5年の過ごし方~第二の人生で後悔しないために 野田稔 | ダイヤモンド・オンライン
勝ちとか負けとかいう判断基準から脱却できないと、何をしてもどこにいても幸せなんで感じられないと思うけどね。
そもそも、会社員人生という働き方が良いのかを考えていく必要があると思います。 /
今のところ「逃げ負け」状態( ;∀;) /
会社員人生で「負け残る」か「逃げ勝つ」か… 「逃げ勝ち」だろうが「負け残り」だろうが、リタイア後の長い人生を考えれば「単なる人生の通過点」。「勝ち逃げ」ても次の人生は「家族からも見離され」、「負け残り」でも老後は充実であったりする。
以上
 

いま話題のニュース

PR