TOP > 政治・経済 > 保険業のビジネスモデルがAIやブロックチェーンにより根本から揺らぎかねない | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

保険業のビジネスモデルがAIやブロックチェーンにより根本から揺らぎかねない | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

AIやブロックチェーン技術が保険の基本になっているビジネスモデルを揺るがしかねない状況だ。すでに個人ごとの保険料率や特定の事象が起きたときに保険金を払うサービスなどが始まっている。...

ツイッターのコメント(15)

次世代の保険の仕組みを探る
InsurTechの最近の動向がひと通り紹介されています。
保険の最適化> | ダイヤモンド・オンライン
保険業のビジネスモデルがAiやブロックチェーンにより根本から揺らぎかねない -
P2P保険なんてあるのね。個人的には保険料を時間で細かく切れるんじゃないかと思う。高速道路に乗ってる間だけ適応される保険とか。
時代の流れは速い💦💦
古い考えは通用しなくなってきましたね💦💦
これからはいかにスピード感を持って動けるかで決まってきます😊✨
これは保険業界の人は見ておくべき。。
これだからこそ、ブロックチェーンの技術は業界関係者は確認しておくべき。
保険の法則をゆるがす。。
インシュアテックか。全てのリスクが正当に評価される世界はフェアでもあり少し怖い気もするね。
少額の保険金は、メンバーがプールした資金から支払う。高額の保険金だけを外部の保険会社、再保険会社に払ってもらう/P2P保険は、 2010年、ドイツのフレンドシュアランス社の自動車保険から始まった / “保険業のビジネスモデルがA…”
加入者ごとの個別料率設定だと、例えば事故ばかりを起こす危険運転常習の加入者だけの保険料がピンポイントで上がってしまい、かえって未加入率を上げてしまうのではないか。万一の際に賠償不可のパターン。 / “保険業のビジネスモデルがAI…”
ブロックチェーンほとんど関係なかった。 / “ | ダイヤモンド・オンライン”
変化が起きれば500年ぶりの変革らしい。
メモ:
「大数の法則」みたいな、ビジネスモデルの大前提が崩れるのは結構大変。これぞフィンテックって感じ。
健康状態良好をどのスピードで反映させるかだよなぁ│
AIとブロックチェーンは、保険のビジネスモデルを基本から変える。これは500年ぶりの変化だ。保険業界は、こうした大変革に生き延びられるだろうか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR