TOP > 政治・経済 > 北朝鮮「完全」非核化を求める強硬論が危険な理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

北朝鮮「完全」非核化を求める強硬論が危険な理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

18コメント 登録日時:2018-05-10 08:01 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

北朝鮮の「非核化」を話し合う米朝首脳会談が開かれるが、「完全で検証可能、不可逆的な非核化」の実現は難しい目標だ。「強硬論」に乗って性急に求めれば逆に対立を再燃させかねず危険だ。...

Twitterのコメント(18)

冷静な視点です。[ | ダイヤモンド・オンライン]
この論でいくと、日本の核武装が欠けているな。 >
やっぱりなあ と北朝鮮の反応に
思った人はいるでしょう
しかし、冷静に対処しなければ大
変なことになる
「徹底的に表面を比較してやろう」
田岡っておっさん、北朝鮮のスポークスマンだったのか。
”本当の「最悪の事態」はボルトン氏らが主張した北朝鮮への先制攻撃で核戦争が起こり、日本が巻き添えを食うこと”
<もしどちらかが強硬論一本槍の馬鹿だったら、日本も危ないところだった。>
:田崎俊次さん、過去から現在へ、また、地球規模での視点からの北朝鮮非核化完全要求の危険性、よくわかりました。
田岡さんは米国が北朝鮮を今でも先制攻撃できると思っているようだが、私は一貫して「出来っこない」との立場。米国が北を攻撃できるのなら、とうの昔にやっていたはず。北を攻撃し、反撃を受けた場合の日韓の被害リスクが甚大すぎる。
日本から、おかしな北朝鮮擁護をする連中をあぶりだそうね。 は一般人だけでなく、あらゆる分野に潜伏しているはずだ。公務員だけでなく、マスゴミやネットに記事を出すやつの中にも。
本当の「最悪の事態」はボルトン氏らが主張した北朝鮮への先制攻撃で核戦争が起こり、日本が巻き添えを食うこと
ん?出身が朝日新聞の人は中国や北朝鮮の代弁者っていう事ですよね?
あと、北朝鮮に何回騙されれば気がすむの?
田岡氏の話は「なんだかなぁ」である。もっともらしくあるが、なんで日本の武装に対しては普段厳しく語り、北朝鮮については、強行するなということを主張する(^_^;)
/「ボルトン氏のような「ネオコン」で好戦的な強硬論者と意見が一致するのは、日本にとって危険が大きいと案じざるを得ない」
「北朝鮮の核問題を長く見詰めてきた者から見れば、6者共同声明や平壌宣言で合意した非核化が頓挫したのは、米国や日本側が約束した支援などを履行せず、逆に制裁に向かったのも一因だ。」
→『軍の施設への立ち入り検査を認めない』では非核化を確認出来ない。
北朝鮮の核を容認して日本人は震えながら生きろとしか読めない記事。
工作員が書いてるのかな?
>
核兵器を持っていても見て見ぬふりをしろ、と?
以上

記事本文: 北朝鮮「完全」非核化を求める強硬論が危険な理由 | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン

関連記事