TOP > 政治・経済 > 新卒100人に2年間「タダ飯」を食わせるダイキンの太っ腹人材育成 | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

新卒100人に2年間「タダ飯」を食わせるダイキンの太っ腹人材育成 | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン

空調機メーカー世界最大手のダイキン工業が、今年4月に入社した理系社員100人に対し、2年間にわたって“ただ飯”を食わせるという太っ腹な戦略に乗り出している。

ツイッターのコメント(32)

去年の記事だけど、ゼロから人を育てる覚悟ということでダイキンが収益に貢献しなくても理系新卒を2年間AI教育させると。いまはどうなってるのだろう|
@hamukazu
そこで大企業は新卒をガチャに放り込んだ
素晴らしい人事戦略ですね
結局教育って一番コスパのいい投資なんかな
なんとΣ(・□・;)
情報系の研修はうらやまですねぇ
長い目で見ることって大事。
おいそれと、新卒の給与だけをドカンと上げるわけにはいかないから、まずは福利厚生みたいなところで投資していくのかな。
これはすごい。どうなるのか見ものやね〜。→
ダイキンさん太っ腹!|
今だから驚かれるけど、これ20年程度昔の大会社だったら普通だったよね。
さすがに2年は長いかもしれんけど、俺も半年はほぼ実務なしに研修受けたよ。
えー!?僕もご飯食べたい!😂
ダイキンさんの今後が気になる👀
思い切りましたね〜。こうやって様々な待遇があることは重要だと思います。 /
これは違う気が。進行中のテクノロジーを座学だけでキャッチアップするのは。。。//
優秀な人材を採用しても、2、3年で転職してしまうという現状に対するリテンション(定着)という一面もあるのではないでしょうか。

採用コストを考えれば2年間「タダ飯」を食わせるぐらいの...
やっぱりAIは脅威なんだなぁ
なるほどなあ。

「ダイキンは空調機専業の「ザ・機械メーカー」だ。三菱電機など総合電機メーカーである競合と比べても情報系の技術が不足していた。」
#企業 老舗の大手の企業は新卒を即戦力とは扱わず丁寧に育てたというはなしもあったことを思い出しました。
2年は珍しいかもですね
なぜ新入社員が対象?なぜ理系?それこそ日進月歩のこの業界で2年間計画というのも解せない。
先見てる所は違うね
結局、大学教育は役に立たんので自前で何とかするという日本企業の延長ではある。ただ、あんまり研修にシフトすると終わったあたりで引き抜きがはびこってくる可能性があるのがどうなのかという。 / “新卒100人に2年間「タダ飯」を食わせ…”
タイトルのクセ
ギャル曽根みたいな人入れ!笑
果たしてこれは、安い買い物なのか?
太っ腹なら食事で誤魔化さず給料でくれればいいのに/
今や革命の時代。
大手こそノンビリしてられないよね。
新しい商品を出して、世に問うて欲しいものだ。人柱にはなりたくないけど、、
そして2年後。どれだけの人材が残るのか…。興味津々です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR