大前研一氏がズバリ指摘、AI時代に生き残る人材の条件 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

世界的経営コンサルタントであり、大学の学長を務める教育者、さらには自らプログラミングをこなす技術者でもある大前研一氏は、「15年後に今の形のまま残れる産業は、おそらく一つもない」と予測する。そんなAI...

ツイッターのコメント(15)

・21世紀は「答えのない世界」です。だから、「教える」という概念もなくなる
・答えは覚えるものではなく、発見し、日増しに改善していくもの
・自分の頭の中にある構想、思い描いた世界を「見える化」すること
分かりやすい!
教えることの方はある程度学校にお任せするとして、オヤジとしては考え方や感じ方の部分をしーっかり子ども伝えたいと思った。
この記事読んで、かなりの人数が「使えない人材」として間引きされるんじゃないのか、と心配になってきた。/
このリベラルアーツの捉え方がいい
参考にしたい情報ですね
▼ ここが見…
”技術一辺倒ではなく、人間性がそこに共存することで、イノベーションが起こり、われわれの未来が切り開ける” / “ | ダイヤモンド・…”
AIと生き抜くよ、わたしゃ
書店でチェックしてみよう。
21世紀は答えのない世界。
「EQを高めるために重要なのが、歴史や哲学、文化、美術といった教養、リベラルアーツです」
AI時代こそ教養が必要。技術者出身の著者の意見は説得力が有る。政府の教育関係者にもこういう見識がほしい。
まず言いたいのは、余計なことをやるなということです。日本は、2035年の世界では全く役に立たないようなことばかりやっている。 / “ ここが見どころ…”
AIに代替されることをやっててもしょうがないと
以上
 
PR
PR