TOP > 政治・経済 > 燃料電池車はEVに「もう勝ち目がない」は本当か | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

燃料電池車はEVに「もう勝ち目がない」は本当か | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

かつて代表的な次世代エネルギー車と言われた燃料電池電気自動車(FCEV)だが、最近は電気自動車(EV)に比べ、なんとなく旗色が悪い。「既に勝ち目がない技術」という見方さえあるが、本当にそうなのか。

ツイッターのコメント(14)

発生源に水素ステーション設置、当面路線バスでの利用で推進が得策では> >製鉄所や製油所などから得られる副生水素。不純物を低コストで除去できれば廃エネルギーの有効活用という意義が出てくる。
前世紀小馬鹿にしていた癖に再び脚光を浴びた際ハードルを上げ過ぎたのがマズかったのでは? >  | 特別レポート | ダイヤモンド・オンライン
再生可能エネルギー由来の水素が
期待できる理由
原発を廃止して水素発電に切り替えれば良いのに。
「700気圧という高圧タンクに充填できるだけの蓄圧は瞬時にはできず、1時間あたりの充填可能台数は2台から多くて6台である。」やっぱり無理だわ。
水素ステーションの数が増えれば、電気よりも燃料は充填時間が圧倒的に短くて済む利点がある。
定期的に勝ち目ないといってるブクマカは水素に何の恨みがあるのか?工場で副次的に発生する水素の有効利用はもっと知られていい。一般人は電気分解するしかないと思っているから誤解されている。 / “燃料電池車はEVに「もう勝ち目がない」…”
国として方針をまとめて資本注入先を絞っていかないと八方美人で終わっていくよね→
貯蔵性はともかく(危険性という問題もある)運搬性において水素が電力に勝ることはあり得ないのでは。送電線さえ敷設すれば終わりなんだぜ電力は… / “ | ダイヤ…”
「700気圧という高圧タンクに充填できるだけの蓄圧は瞬時にはできず、」これはやばいな。水素を充填するだけで結構エネルギーを消費するのではないか。
「日本は水素エネルギーについて
バラ色のキャンペーンを張りすぎていた」
「給油(?)出来るのは1時間に2〜6台」って、そんな物実用になるはず無いだろ。ハイハイ、良い子だから大和やコンコルドになる前におしまいにしまちょうね〜
やはり早すぎるか。
ようやく「水素は3分チャージ」のウソに斬り込む記事が出てきたか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR