TOP > 政治・経済 > 中国アリペイに征服されそうな日本が、出遅れを逆転する方法 | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

中国アリペイに征服されそうな日本が、出遅れを逆転する方法 | 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン

キャッシュレス化が世界で加速する中で、このままでは日本が中国の電子マネーに送金・決済システムを支配される恐れがある。対応策はメガバンクの仮想通貨の開発を急ぐことだ。それは出遅れを逆転させる。...

ツイッターのコメント(12)

それにしても、野口悠紀雄さん、日本のスマホ決済は、中国企業が席巻するんだと、大見得を切ったけど、実際は、そんな事は少しも実現していない事に対して、少し、弁明する必要があると思うな
収入が増えてないからキャッシュレス化しても経済活性にはつながらない。
アリペイが日本の銀行口座でも使えるようになったら日本でも爆発的に普及しそうだな /
電子マネーの普及は都心部になるほど高くなるけどね。
交通系ICで移動する人は、そっちの方が便利だからね。
つまり日本で普及させるにはインフラ整備が重要なファクターになる
こんなの遅れてもいい。
日本にはセキュリティの強化が必要だ
頑張れ、日本!
マジで正念場!!

| 野口悠紀雄 新しい経済成長の経路を探る | ダイヤモンド・オンライン
もうフツーにアリペイ使いたい
そこそこ裕福な中国人が日本に来て最初に買うのは「財布」だという話がある。現金払いの場面が多くて仕方なくだという。それぐらい中国のキャッシュレスは進んでいる。
MUFGコインは関係ないだろいい加減にしろ
中国の電子マネーが爆発的に成長している。このままだと、日本の送金決済システムを、中国に支配されてしまう危険がある。これは、外国製品に市場を奪われるという従来型の貿易摩擦の問題とは異なる。経済社会の基本インフラを他国に握られる危険だ。
アメリカではQRコード決済がかなり浸透していて、一方の日本では全然進まなくて、何でだろうとずっと前から悩んでいたんだけど、理由は単に金融機関が興味を持たなかったということなのか。
キャッシュレスで後れる日本。このままだと、アリペイに日本の金融の基幹を握られてしまう。メガバンクの仮想通貨発行は急務だ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR