TOP > 政治・経済 > 株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 | 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話 | ダイヤモンド・オンライン

株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 | 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話 | ダイヤモンド・オンライン

上昇基調を保ってきた米国の株価が、18年2月頭に急落。資産運用を始めようにも、「株価が高すぎるから投資は控えておこう」と考える方も多いのではないでしょうか。しかし、「『長期・積立・分散』の資産運用なら...

ツイッターのコメント(11)

メモ
株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?<br />「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法
色々読んで、気を紛らせる。
僕は落ちた時に買おうとタイプでした。

ですが、最近は毎月コツコツと法定通貨を仮想通貨に変えていってまさか!
株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?「 |
人間の脳は投資に向いてないんだよね。だからルール作って従う状況を作らない限りやったらだめだね。
人間の脳は投資に向いてない。だから、資産運用はWealthNaviなどのロボアドバイザーに任せれるのが良い。その結果、生まれる、広がる心理的余裕分が、感情を交えた個別投資に繋がっていく世界は健全と言えるのではないだろうか。
保有している投資信託Aの価格が上がり続けており、同じく保有している投資信託Bの価格がじりじり下がっているとします。多くの人は直感的に、投資信託Aを買い増して投資信託Bを手放したくなります。
いわゆるドルコスト平均法を自動化するメリット。ロボアドバイザーは成長していくでしょうね。
私はドルコスト平均法推奨派。自身も利用しています。ただ長期的右肩下がり市場、積立手数料が高い商品のリスクについて、投資家は理解しておくべきですよね。 / 株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか?...
やれば分かる / 株価急落時、資産運用を始めるべきか?待つべきか? 「損をしたくない」という感情に振り回されず投資で成功する方法 - 気づいたらフィンテック起業家になっていた公務員の話 (Diamond...
投資はスタンスとルールで行った方がいいと思う。投資信託はいいことあればよいですが、誰かに運用を委ねるわけですから、ちゃんと調べて信頼できる実績を残しているファンドマネージャーかとか、投資スタイルが...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR