TOP > 政治・経済 > 上司との飲み会に残業代請求!若手との飲みニケーションはもう無理? | 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美 | ダイヤモンド・オンライン

上司との飲み会に残業代請求!若手との飲みニケーションはもう無理? | 組織を壊す「自分ファースト」な社員たち 木村政美 | ダイヤモンド・オンライン

若手とのコミュニケーション問題に悩みを抱えている上司が少なくない。状況を打開するため、上司が飲み会に誘っても断られることも多いようだ。とはいえ、上司と飲みに行きたい部下もいないわけではない。そこで今回は、上司との飲み会に何度も参加した若手の話を紹介する。飲み会参加の目的が、実は残業代目当てだったのだ…。...

ツイッターのコメント(19)

Bくんだけずるーい。笑った
社内飲み会に残業代が発生すれば、上司もくだらない話しはしなくなるだろう!
これは震えた
偉い人「よーし、『みなし労働時間制』で若者と飲みニケーションだ!」 / (ダイヤモ...
何でもかんでもハラ付ける時代ですから
そんなもんでしょ
今時は、酒の付き合いはしたくないだろうと、当然に思っていたが、同様に嫌がれるようになったと聞いていた社員旅行が、一部で復調の兆しの話しも聞く。
人それぞれで、また変わるかも知れない…? / 上司との飲み...
こんなタイトル付けてるヤツの方がよほど自分ファーストだろ!
上司や会社の金で飯食えてラッキー位に思わないのかな。
ランチにすりゃいいのに。
雰囲気で命令かどうか決めるんじゃない
気の合うじょーしなら行くけど、そうじゃない人とは行きたくないね。
だって楽しくないし、学ぶことないものwww そんなのにお金払いたくないですね。
新しいコミュニケーションを構築出来た良い例?>
人事考課には影響しない(影響しないとは言ってない)
一番可哀想なのは断ることも訴えることもできないタイプの人間だと思う…
終業時間過ぎても何で会社の人間と飲まなきゃいけないのか
接待はどうなるのでしょうか?
日本はグレーな働き方が多い。 / (ダイヤモンド・オ...
飲みニケーションが当たり前だった世代でも、まさか他のコミュニケーションを知らないワケないでしょう(笑 / - 組織を壊す「自分ファースト...
こういう事例はどんどん増えていきそうだよね、それでも企業が必要とするのら残業代出すか、時間内にやるか…とかに今のご時世なっていくのかな? / 上司との飲み会に残業代請求!若手との飲みニケーションはもう無...
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR