TOP > 政治・経済 > サラリーマン大増税時代!2021年までの「手取り年収」はこうなる | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

サラリーマン大増税時代!2021年までの「手取り年収」はこうなる | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

23コメント 登録日時:2017-12-27 07:19 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

2018年度税制改正大綱が発表になった。今回の目玉は所得税の見直しで、これは「今後も継続する」とあるので、次の段階では「中間層」が増税になる可能性は大きい。サラリーマン大増税時代に備え、給料にかかる税金の知識を身に付けておこう。...

Twitterのコメント(23)

もうちょっとゲンナリしてきちゃう。 / (ダイヤモンド・オンライン)
サラリーマンはまじ無理ゲーやな。

頑張っても頑張っても、手取り上がらず。
手取りの所得増えてないんですよね。いくら、賃金上昇しても、失業率下がっても。不動産価格上がっても、賃料収入上がりにくくて、失速しやすいでしょうねぇ。。。
大増税時代って、自然現象じゃないんだから。増税してるやつがいるんだからね。>
じっくり読みたいから後に回す
『給与所得控除は一律10万円縮小し、基礎控除は10万円拡大。年収850万円以下は、プラスマイナス0で影響なし。年収850万円超の会社員は給与所得控除が頭打ちになるので、原則増税となる』
600〜850で中間なのか…じゃあ俺は…
うっ、頭が
年収850万円だってすごいね。そんなに貰ってるならいいじゃん。
年収からの税金計算がどの様な仕組みになっているか、分かりやすかった。
増税自体はまぁいいけど、その集められた税をどう使うのかもっと大々的に教えて
これでもクーデターがおきないところが日本が平和といわれるんだろうな。
とても基礎的なことをまとめてくれています^ ^
会社勤めの人はこれからは絶対知っておくべきです!
……やっぱりこれからはFXやって全財産溶かすしか無いのかー(棒読み)
いい悪いは別にして解説として非常に判り易い
みんなフリーランスになれば解決
社畜からの脱却不可避。
ここまで財政を悪化させた責任はどうなってるのだろうとまず思う。
具体例をスルーするな。結局どうなるのか筆者も分かっていない
実際に増税となるのは、会社員と公務員の約4%にあたる約230万人。
トランプ大統領によって減税と規制緩和と好景気に向かう米国と対照的である。
結局は、取りやすい所から取られるんだよ。 「サラリーマン大増税時代!2021年までの「手取り年収」はこうなる」
後で読む◆
以上

記事本文: サラリーマン大増税時代!2021年までの「手取り年収」はこうなる | 老後のお金クライシス! 深田晶恵 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事