「住民すべてが同じ名字」という伝説の村は実在するのか? | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

江戸時代以前は武士しか名字を名乗れなかった、日本の名字の数は世界一多いなど、名字に関する言説には眉唾のものが多い。住民すべてが同じ名字の村がある、という都市伝説もその一種だ。これらは本当なのだろうか。...

ツイッターのコメント(12)

「まあ小学校だと出席を取ると山田が9人、佐藤が11人、清水が6人、それ以外のアーダーズは駐在さんの子供とかの転勤族だったわ」
「」

| ダイヤモンド・オンライン
町によっては、名字だけで個別性は得らない。
| ダイヤモンド・オンライン
“一定年齢以上の人だと小学校で「武士以外は名字がなかった」と習ったという人が多いが、現在研究者でそう考えている人ははまずいない” / “ | ダイヤモ…”
夫婦別姓がもっと早く自由化してたらもっと色んな名字残ってたでしょうね
桑川の辺りも2つの名字でほとんどが占められるので下の名前か屋号で呼び合うそうな・・・
田舎ほど特定の名字に偏っているのだと思う。
名字から歴史や土地の災害とかもわかるってこないだやってて、面白いな~、って思った。仕事や地理的特徴だけかと思ってた。
板取の長屋さんが取り上げられとるw
ダイヤモンド・オンラインに、「「住民すべてが同じ名字」という伝説の村は実在するのか?」を書きました。名字にまつわる誤解をまとめたものです。
『日本人のおなまえっ!』(NHK総合毎週木曜夜7時半)に出ている
森岡さんの記事がダイヤモンド社のオンラインで公開されました。


興味のある方は必読です!( ..)φメモメモ
|ダイヤモンド・オンライン なるほど。
以上
 
PR
PR