TOP > 政治・経済 > 日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」 | トンデモ人事部が会社を壊す | ダイヤモンド・オンライン

日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」 | トンデモ人事部が会社を壊す | ダイヤモンド・オンライン

24コメント 登録日時:2017-12-12 06:44 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

日馬富士の貴ノ岩に対する暴行傷害事件での、日本相撲協会の対応が不可解だ。人事マネジメントの観点からは、トンデモな対応をしていると言わざるを得ない。...

Twitterのコメント(24)

> 最も理解に苦しむことが、日本相撲協会の危機管理委員会が、いわば加害者側の聴取を鵜呑みにした中間報告をしていることだ
一方(しかも加害者)の聴取による報告の不適切さの指摘。
警察の捜査結果の発表を待って双方の聴取を実現してから、という指摘はなるほどと思った。
貴乃花親方が処分されれば、公益通報者保護法違反にはならないのかな。
雲隠れしてる貴ノ岩にも処罰をするべきでは?
日馬富士問題で、相撲協会が加害者・被害者双方の言い分を聞かずに見解を表明した問題、鳥取県警に通報し協会の意見聴取に応じない貴乃花親方を公益通報者保護法の観点で整理し、人事マネジメント視点で、情緒的な報道はダメと気づかせてくれます。
何から何まで激しく同感。

“報道内容を見る限り、私には日本相撲協会の対応が不可解でならない。人事の観点から見ると、トンデモな状況だと言わざるを得ない…”
日本相撲協会は「警察になりたい」のではないかと思う今日この頃。なんで警察や検察に委ねられた判断を待てずに、一方的に事を急ぐのか。ポイントはそこにあると思う。
日馬富士暴行事件に関する相撲協会の対応がお粗末だということがよくわかる記事で、全く同感だ。ヤメ検上がりの弁護士も相撲協会の「最悪マネジメント」の片棒を担いだわけでとんでもない!協会寄りのマスコミもこの記事を熟読してほしい。
「最も理解に苦しむことが、日本相撲協会の危機管理委員会が、いわば加害者側の聴取を鵜呑みにした中間報告をしていることだ」
/
相撲協会はダメダメだと思います。危機管理委員会は、自分達の危機しか管理していなくて、相撲全体の事を考えていない。
此れは言い過ぎだ。。 相撲に限らず芸術・学問でも先ず 形から入る(ー_ー) 形は形式で中身は軈て充填される 形が駄目だと中身も駄目になる 
貴乃花は協会のル-ルを無視している 此れでは 相撲界の石原莞爾になる(・_・;)
この記事の内容には全くの同感であります!
このことから、相撲協会の体質が以前の暴力死亡事件から何も変わってない事が分かると思います。
すべての元凶は白鵬!@
興味深い記事でした。
相撲協会は、一度解散すべきかも!?
偏った浅薄意見。
マネジメントする側の日本相撲協会が加害者側に加担したと思われる発言をすること自体が、人事の観点から大問題。
日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」❗

相撲協会と貴乃花親方との確執と日馬富士と貴ノ岩の問題は別である❗

貴乃花親方の行動は挙動不審にしか見えない❓❓
-
まともなご意見だと(・・;φ
ここで書かれているように加害者側の発言のみで判断する協会は異常としか思えない。
マネジメントする側の日本相撲協会が加害者・被害者双方を公正に取り扱わず、加害者側に加担したと思われる発言や中間報告をすること自体が、人事の観点から大問題。山口博さんのコラム。  公益通報者保護法では、通報先を制約しない。
以上

記事本文: 日馬富士事件で露呈した相撲協会の「最悪マネジメント」 | トンデモ人事部が会社を壊す | ダイヤモンド・オンライン

関連記事