TOP > 政治・経済 > 「iPhoneは売れない」とした日本の発想と、シリコンバレーの発想の違い | シリコンバレーの流儀 | ダイヤモンド・オンライン

「iPhoneは売れない」とした日本の発想と、シリコンバレーの発想の違い | シリコンバレーの流儀 | ダイヤモンド・オンライン

「携帯電話の顧客が一番嫌うのは、電池が切れることだ」「日本の携帯ユーザーはテンキーで日本語入力するのでQWERTYキーボード(パソコン配列のキーボード)は要らないはずだ」米アップルがiPhoneを発表したときの日本企業やメディアの反応はこのようなものだった。だから、「iPhoneは日本では売れない」と結論づけていた。...

ツイッターのコメント(28)

“社内に演繹法的なアプローチで新事業を検討する“特区”を作ることも可能となる”
日系企業では帰納法でいい成績出した人が演繹チームに行くから無駄
「iPhoneは売れない」とした日本の発想とシリコンバレーの発想の違い🧐

iPhoneは日本の携帯電話市場をひっくり返してしまった。何故日本企業はアップルに敗れたのか!?

根本原因は日本企業とシリコンバレーの発想の違い

「帰納法」的発想と「演繹法」的発想の差にある
トライ&エラーがいいってこと
あと良い解決策を探すといいってこと
いい言葉がでてこない
“失敗”と判断したらサッサとやめる。
やり出したら止められないのが日本式??!
大企業の場合特に、プロジェクトごとに演繹法と帰納法で分類したり、特区を作るというのはアリですね。
この説明に半分納得し、半分納得しないぼくがいる。なにか根本的な発想の間違いが日本にはある気がする。(発想というか行動のスピードかも知れないが…)
演繹法、失敗を恐れない仮説、介護も同じ
書き出しの部分、違うんじゃない?
どっかに見えないゴールGの難易度Dを置いて、失敗の回数Fでプロダクト成功確率Sを導き出す失敗数の法則みたいなの無いかなー
だる / “ | ダイヤモンド・オンライン”
面白い。今後は演繹法的考え方に改めますw
絶対に売れると思ったし発売日に徹夜して並んで買う程度には期待してた。 / “ | ダイヤモンド・オンライン”
さっさと失敗は認めましょう。
面白かったー、演繹的アプローチをする「特区」を作るっていうのいいと思った(小並感
本文より「市場のニーズに応えようと努力するからこそ、新しい市場に気付かずに新興企業にやられてしまう」日本の企業は冒険が嫌いですからねぇ。
「「iPhoneは売れない」とした日本の発想と、シリコンバレーの発想の違い」
ダイヤモンド
笑える「笑えない」話
ドコモがダメだっただけでは?
ソフトバンクモバイルとか孫さんって「日本」には含まれないのか |
こういう話題を見るたびに思うが別に「日本」の問題じゃないよね。シリコンバレーじゃないけど BlackBerry とか忘れたんじゃないの? だいたい iPhone だって当初の目標は「携帯電話市場の1%」だったんだよ。 / “「i…”
iPhone発売前の日本では、売れないという意見が多かった記憶がある。手前味噌だが、私は「売れる」という意見をブログに書いたのでよく覚えている(自慢?)。/
発想の切替は簡単なようで難しいもの
帰納法的アプローチと演繹法的アプローチ、勉強になるな〜
テレビ局は「帰納法」だけど前にやってた深夜枠は「演き法」だった。その枠はまさに特区だった。
あとで読む_φ(・_・ )
発想法は確かに違うだろうけど、キーボードの問題だけじゃない気もするなぁ
これは納得できる。 /
日本人は職人ばっかりで頭かたいからなぁ。
日本で「着想を最優先した多産多死型の発想を認める特区」はひとつだけあるな。コミケだ
以上
 

いま話題のニュース

PR