TOP > 政治・経済 > いきなり!ステーキが年200店の猛スピードで出店を急ぐ理由 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

いきなり!ステーキが年200店の猛スピードで出店を急ぐ理由 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

20コメント 登録日時:2017-11-09 07:41 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

11月8日、ステーキ店いきなり!ステーキを展開するペッパーフードサービスとラーメン店大手の幸楽苑ホールディングスの両社長が共同会見の席で固い握手を交わした。フランチャイズ(FC)契約を結び、幸楽苑の一部店舗をいきなり!ステーキに切り替えるかたちでタッグを組むことになったのだ。「立ち食いだから早い。早いから安い」という単純明快なモデルで人気を集めるいきな...

Twitterのコメント(20)

いきなり!ステーキっていつのまにか200店舗にまでなってたんですね!

結構ビックリ!笑

でも、僕もたまに行くけど普通に美味しいですよね!

自分でグラム数を選べるサービスも急成長を遂げた理由なのかな😉
あーなるほど
群馬に立て続けにできたと思ったらそんなペースで出店してるのか。 / “ | ダイヤモンド・オンライン”
ここも近未来地獄へやってくる🔥近未来です🔥
ぜひ所沢に!笑
すげーぶっこむな
一瀬邦夫(ペッパーフードサービス 代表取締役社長)
社長が安心したら衰退がはじまる。
ちょっと前に常滑イオンに愛知初進出だと言って、2時間並んで食べたものだが、今ではあちこちにある。熊本空港のフードコートにもある(笑)
もう飽きられてると思う。
いけいけな感じがすごい。
最近ではイスがある場所もあるので女性にも人気になってる。
ホッとすることが一番の大敵。社長がホッとしたときに、幹部は怠ける。アルバイトらにきちんと技術も教えずにみんな任せてしまう。勝って兜の緒を締めよ。|いきなり!ステーキが年200店出店を急ぐ理由 |  #マネジメント
「けん」があっという間にステーキガストに駆逐されたのと同じ状況になりそうな予感がする。
158店舗しかないのに・・・
ぜひ、弘前で!! / (ダイヤモンド・オンライン)
いきなりレイプ、いきなり倒産。
古い世代の外食および飲食産業は意地悪することに慣れているから、下の世代はついてこない。またどの業界でも見られることであるが、馬鹿な過程で育てられた子供達は優しく教えられると自分がすごいと勘違いを始...
冒頭のフランチャイズ契約の部分に驚いたんだけど。幸楽苑、下火なのかね
急速な出店、いきなりステーキって安いわけでもないし、5年後まだあるのだろうか
以上

記事本文: いきなり!ステーキが年200店の猛スピードで出店を急ぐ理由 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

関連記事