TOP > 政治・経済 > 小池代表「慢心発言」はなぜ飛び出した?野党再編劇の舞台裏 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

小池代表「慢心発言」はなぜ飛び出した?野党再編劇の舞台裏 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

24コメント 登録日時:2017-10-17 07:38 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

安倍政権を打倒するための乾坤一擲の“奇策”だった民進党と希望の党との合流。しかしその後、期待感は急速にしぼみ、立憲民主党が台風の眼となっている。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が野党再編の舞台裏を解説する。...

Twitterのコメント(24)

小池さん流の「敵を作る」手法が、両方からの「敵」になってしまったんだね。また、攻める側でなくて現に都知事という守る側に立っていると言う事、本人が一番わかっていたと思うが
民進党の中で最も政治カンのない前原、細野がしきっていた時点で、結果は見えてたか
さらさらや排除の前に"芽"を摘まれたのでしょう。闇ですよ闇、政界は。知り尽くしてますよ、彼女は.
今更マスコミ気が付いた低レベル、豊洲小池造作騒動の利用。 真相会
これは朝に読んだ。
やっぱり真の野合でした…
エスポワール小池に期待と注目させといて、臣民共が失望するような報道を次に流す。これだけで自民圧勝の流れを作ることが出来るという電通シナリオ。シナリオ通りに動く臣民多数ww
合流構想は小池百合子代表と、前原誠司代表の二人だけで話し合い。
小池氏は「(民進党を)まるごと受け入れるなどさらさらない」「排除します」などと上から目線の発言を連発
コイツらの評論に政策はないのかよw
政治家は政策実行能力で評価しろよ。
-  排除発言以前の問題。「どんな手を使っても政権交代」と寝言を言う人物がいる党と合流しようとした事が最大の失策
個人的にはもしあそこで小池さんが「ミンシュ全員受けれます」と言ったらそっちのほうががっかりだけどね。
結果によっては「改憲」の一点で今の自公連立が切り崩されるのではないかという気がしている。希望・維新の方がより近いからね:
なるほど。ひとつの見方として。⇒
|ダイヤモンドオンライン  権力者に対して立ち向かう「チャレンジャー」がウリのはずなのに、「排除いたします」と冷たく言い放つその姿は、権力者としての振る舞いそのもの。
- MSN ニュース -
<細川護煕元首相が、『排除』発言に激怒…小池氏を叱ったのではないか…r細川元総理は、自民党政権を倒すためには幅広い勢力で結集しないと勝てないという現実的な考え>
緑のたぬき、つい本心が出ちゃったって事か
■小池代表「慢心発言」はなぜ…
その上で、鈴木氏は「本来なら、それぞれの側近議員を参加させたり、
小沢氏を入れたりするなど“俯瞰の眼”が必要だった。
究極の独裁者。
根回しが出来ない小池Σ(´∀`;)
テーマとしての与党分裂促進。ポスト安倍・・・だったはずが希望の党の慢心と消滅という小さなテーマにすり変えられた。改憲推進、原発再稼働・・・何も変わらぬ。総選挙を再度問い直すべきだ。 ?
”小池代表「慢心発言」はなぜ飛び出した?”

…「慢心発言」と言うけど、自身と同じ政治的スタンスの勢力が多数派を占めないと、結果的に「護憲派」に党を乗っ取られるだけだと判断したのであってその危惧は間違っていないと思う。
もうあの疫病神前原消えてくれよ。
→「〜かもね」程度の発言であれば、素人の私でも出来る。専門家はもっと読者を唸らせる内容を発信すべし!
権力者に対して立ち向かう「チャレンジャー」がウリのはずなのに、「排除いたします」と冷たく言い放つその姿は、権力者としての振る舞いそのものだった
以上

記事本文: 小池代表「慢心発言」はなぜ飛び出した?野党再編劇の舞台裏 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

関連記事