TOP > 政治・経済 > 「子どもの貧困」の暗闇に地方議員は灯りをともすことができるか? | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

「子どもの貧困」の暗闇に地方議員は灯りをともすことができるか? | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

8月下旬、長野市に全国から約300人の地方議員が集まった。生活保護問題対策会議が開催した「生活保護問題議員研修会」に参加するためだ。彼らは、まだ貧困と生活保護への理解が不十分な中で、暗闇に灯りをともす存在。研修会でどんな気づきを得たのか。...

ツイッターのコメント(28)

あなたの地域の議員、あなたが前回の選挙で投票して当選させた都道府県議員・市区町村議員は、今回で9回目となった生活保護議員研修会に参加したことがあるだろうか。ぜひ次回の選挙の前に質問し、投票の参考にしていただきたい。

最近議員のトンデモナイ話題が...@中野区
貧困問題にはRace to the bottomの誘因があるから基本は国が対応すべきなんだけど、だからこそ地方議員には有権者が強い働きかけをする必要があるんだよね。
>
生活保護に関する誤解、偏見をまず解かないといけないと思う。不正受給もあるかもしれないけれど、そうした少数のケースに邪魔されてしまうと本当に救わなければいけない子どものいのちが見えなくなってしまう。  続
先日私も参加した研修会についての記事です。
大事なことがいっぱいあります。ご一読を。
〉「たくさんの子どもを対象にすると、厳しい状況にある親子ほど『まぶしくて行けない』ということになります。
・エントリ “なぜ日本は子育ての責任を親だけに負わせるんでしょうか?昔の日本には地域での『子育ち』がありました。でも(今の)国が望むように『地域の絆で、民間だけで、家族だけでやれ』というのは無理” / “「子どもの貧困」…”
地方議員が消えて、福祉に税金を回したらいいのではないかと / (ダイヤモンド・オンライン)
ー ダイヤモンド・オンラインより
→全国から約240名の地方議員たちが集まった
→制度の詳細や現状を知るには、研修などの機会を確保し、まとまった時間を割いて学ぶ必要
「『なぜ、日本は子育ての責任を、親だけに負わせるんでしょうか?』」
「福祉専門職としての訓練を受けていない職員を、福祉事務所に配属して生活保護ケースワーカー業務に就かせ、おおむね3年程度で他の職場に異動させることを繰り返している自治体は少なくない」
貧困問題に高い関心を持つ 地方議員が集まった生活保護研修会

議員たちの所属政党は、自民党・公明党・民進党・社民党・共産党・無所属など様々だった
"皆さんの地域の議会・議員に、今すぐお願いしていただきたいことが1つある。それは、御地の生活保護ケースワーカーを、本年11月に開催される研修会に職場から派遣することだ。9月に入ったばかりの今なら、働きかければ間に合うかもしれない"
「所属政党は、自民党・公明党・民進党・社民党・共産党・無所属など様々だった(日本維新の会・都民ファーストの会からは参加なし)」
徳丸さん「なぜ、日本は子育ての責任を、親だけに負わせるんでしょうか? 『地域の絆で、民間だけで、家族だけでやれ』というのは無理」
「しかし、公的助成金の用途は、ほぼ「ハコ」「モノ」に限られており、人件費に使えるものは少ない。」官僚の利権に繋がらない人件費は徹底的に嫌われているのだ、というのが俺の感想。タダで人を育てるのは無理。
研修に参加しているかどうかより、議会で質問や対策等議論しているかが問題だと思う。
自治体議員による生活保護問題の研修会り取材。⇒
こどもの貧困について、地方議員は考えているのだろうか。声に出せないSOSを見逃さないようにしてほしい。⇒
「田川英信さん(社会福祉士)の講演は、法文や実施要領に血を通わせてきた元ベテランケースワーカーならではの説得力ある内容だった。」

生活保護のリアル みわよしこ
「子どもの貧困」について関心のある議員さんたちの研修会が開かれました。

徳丸さんが講演しておます。

ちなみに、党別で、参加しなかったのは、日本維新の会と、都民ファーストだけです。
みわさん最新記事より
CPAO徳丸さん:「(子ども食堂など)たくさんの子どもを対象にすると、厳しい状況にある親子ほど『まぶしくて行けない』ということになります。誰でも来ていいことにすると、最も来てほしい人が来れなくなります。」
「生活保護問題議員研修会」というのがあったんだって。
”福祉専門職としての訓練を受けていない職員を、福祉事務所に配属して生活保護ケースワーカー業務に就かせ、おおむね3年程度で他の職場に異動させることを繰り返している自治体は少なくない。” 「子どもの貧困」の暗闇に地方議員は灯りをともす…
今朝より最新記事公開されております。ぜひご一読を!>
「子どもの貧困」の暗闇に地方議員は灯りをともすことができるか?(ダイヤモンド・オンライン)本記事では、2日目の8月26日午前中に開催された分科会の1つ「子どもの貧困と自治体のとりくみ」について、議員たちの反応を含めて紹介する。
「子どもの貧困」の暗闇に地方議員は灯りをともす事ができるか? | | 8月下旬、長野市で開催された「生活保護問題議員研修会」。約300人の地方議員が集まった。彼らは、貧困と生活保護の現状について、どんな気づきを得たのか。
ダイヤモンドもネタ切れ失速、貧困ネタに走り出す。
とにもかくにも…まともな議員を選ばないとね:
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR