TOP > 政治・経済 > 「定年後」は50歳から始まっている | 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか | ダイヤモンド・オンライン

「定年後」は50歳から始まっている | 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか | ダイヤモンド・オンライン

11コメント 登録日時:2017-08-30 08:01 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

定年になると生活パターンが変わる。会社という、それまでの主たる居場所がなくなるので、家にいる時間が増えるケースも多い。しかし、会社にいたときと同じような振る舞いを家でするのはかなりまずい。家の中の時間と空間は、すでに妻や家族による文化が支配しているからだ。どうすればいいのだろうか。...

Twitterのコメント(11)

"仕事に注力する自分、仕事以外の関心あることに取り組む自分、家族や友人を大切にする自分など、多様な自分を自らの中に同時に抱え込んでおく//マインドセットの切り替えは、50歳ぐらいからスタートするのが望ましい" / “「定年後」は…”
定年を越えた弊社嘱託のじいさん達に「なんで働くの?」ってインタビューするとやはり同じような回答が返ってくる。お金に困ってるわけではない、みんな何者でもない自分に戻るのが怖いんだって。
町内に外資系でそれなりの役職だと思われる爺さんいたな、町内会に対しても偉そうに人を見下す態度に総スカン食らってたっけ、最近見ないけどどうしたんでしょ…>「定年後」は50歳から始まっている(ダイヤモンド・オンライン)
ほぼ同意。ただ、名刺は国内外を問わず(そう、海外でも)見本市とかの登録で必要になるから、会社とだけ結びついているわけではないな。(家庭用プリンターで作ったけど。)
受身人生、誰かのために我慢する人生を歩むとこうなりがち / (ダイヤモンド・オンライン)
それは意識している>
今の50歳が65歳で定年できると思えないし、寿命も伸びるから働く必要があるのでは。<
この本、レビュー書こうと思っていました。ミドル必読の一冊! -
厳密に言えば40代から始まっている
『仕事以外の生き甲斐も持つべき』と言う勤務先の基本方針は
話題の引き出しの多さで
客先の懐に飛び込む為の戦略ではあるけど
定年後の人生も確実に左右していると思う
「定年後」は50歳から始まっている(ダイヤモンド・オンライン)

備え有れば憂いなし。なんだけど、勝手に定年(年金貰うのも)延長されそうな雰囲気なんだよな。その見極めがまず必要では?
以上

記事本文: 「定年後」は50歳から始まっている | 定年後~60歳からの「黄金の15年」をどう生きるか | ダイヤモンド・オンライン

関連記事