TOP > 政治・経済 > いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

ここ最近、社会に適応できない「新たな引きこもり層」が大量に生まれている。もはや引きこもり全体に占める社会人経験者は、半数を超えた。一体なぜ、大人の引きこもりの存在がこれほど浮き彫りになってしまったのか。...

ツイッターのコメント(28)

リストラって本来はRestructuring(再構築)のはずだったけど、結局は単なる首切りと破壊になってしまったよね……というのも10年、いや、20年前から言われてきたことか。 / “いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存…”
リーマンショック世代、就職氷河期世代の引きこもりの方が増加
失われた20年になりますね。自民党の罪は重い。
@hirotamasatane 就職氷河期世代が40代になったから何じゃないかなー、とぐぐってみたところ、それっぽい記事が。裏とってないですが
プリモプエルの台詞でいうと「うんうん、わかる~。」です。→いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|男の健康|ダイヤモンド・オンライン
いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!
存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|
「自分と会社をつなぐものは、1枚の名刺だけ。職場に居場所はないと感じる人たちの、そんな置き去り感も、新たな引きこもりを生む遠因につながっているのかもしれない」
今や就職氷河期世代が引きこもりの中核に! 存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|「引きこもり」するオトナたち 一体なぜ、引きこもりの心性を持った人達の存在が浮き彫りにされるようになったのか。この間、日本が歩んできた社会の変化を振返ってみた。
ちょいとメモ。いずれ使いそうな気がする。
[日本][社会]政府と日銀の犠牲者だよなぁ。/このまま景気が低空飛行を続けた場合、どうなるんだろう。 / 存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オン…
【NHK】“いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!30歳代前半から40歳代前半にかけての世代は、いまや日本の引きこもりの中核を成す層でもある”。中核をナス。
変化についていけない大人たちが引きこもりに。これからのゆとり世代も心配だ。ゆとり持っている暇はないんだよ。/  存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪”|「引きこもり」するオトナたち|
『新しいことに対して、なぜ自分が変わらなければいけないのか。変化そのものを理解していないケースが多い』
いまや就職氷河期世代が引きこもりの中核に!存在を顕在化させた“バブル崩壊の罪” - 「引きこもり」するオトナたち
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR