裁判所が守りたい人物像は、日本型教育のおかげで驚くほどブレない。 | 社長は労働法をこう使え! | ダイヤモンド・オンライン

「離婚と解雇の共通点」を語る、藤沢数希さんと向井蘭さんの対談。いろいろな共通点を話し合ううちに、「裁判官の嫉妬が判決に影響する」と語る藤沢さん。そこから日本社会が守ろうとしている「結婚観」「労働者像」...

ツイッターのコメント(12)

裁判所の考える「守りたい人物像」のイメージにどうやって近づけるかということが大事。裁判官は、素人のくせに法律を逆手にとって司法を出し抜こうとする人が大嫌い。
一生懸命な人、努力してる人が評価される。
養育費の8割が支払われていない
@otonakodomo_ 社長は選挙でえらばれるわけではないから学校とだいたい同じ世界(お金くれるから学校よりよいところです)。裁判もすべて法律通りではなく学校の先生みたいなところがあるようです。先生に好かれない奴は不利益に。実力をつけるか、うまく立ち回りましょう。
@miosugita 低所得者層が養育費を払ったところでシングルマザーの貧困は解消しないと思います。

| 社長は労働法をこう使え! | ダイヤモンド・オンライン
こういう2, 3のサンプルから一般論みたいに語る記事は何なの
裁判工学の萌芽か?
【特別対談】藤沢数希×向井蘭(3)
「ドジでノロマな亀」に救済の手が差し伸べられる国、日本。
「高額所得者が解雇無効や残業代請求の裁判を起こしても勝てないことがけっこうあって、裁判官が自分より年収の高い人に嫉妬してるとしか思えないですね(笑)」 / 裁判所が守りたい人物像は、 日本型教育のおかげ...
向井弁護士との対談の第3回がアップされました。> 「低所得なダメ旦那との離婚は、もう無法地帯になっちゃってる。それが養育費の8割が支払われていない理由です。」
そういえばばたばたしており告知しておりませんでしたが、こちらの記事の構成を担当してます~
藤沢さんの著作はあらかた読んでますけど、あとになって前著との関連が出てくるあたりおもろい。

| 社長は労働法をこう使え! | ダイヤモンド・オンライン
なるほどねぇ。。>裁判官に嫉妬される高所得者は、裁判官の心証が悪い。ー裁判所が守りたい人物像は、日本型教育のおかげで驚くほどブレない。〜「高額所得者のコンピを引き上げたからといって、貧困に苦しんでいるシングルマザーは救済されない」
以上
 
PR
PR