TOP > 政治・経済 > スタバのレベルは圧勝なのに、なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか? | 自分の時間を取り戻そう | ダイヤモンド・オンライン

スタバのレベルは圧勝なのに、なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか? | 自分の時間を取り戻そう | ダイヤモンド・オンライン

21コメント 登録日時:2017-04-11 09:20 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

ワールドビジネスサテライトのコメンテーターとしても活躍する、モルガン・スタンレーMUFG証券シニアアドバイザーのロバート・アラン・フェルドマンさんと、人気ブロガー・ちきりんさんの対談が実現しました。テーマは「生産性」についてです。...

ツイッターのコメント(21)

消費者過剰って大事 / スタバのレベルは圧勝なのに、 なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか? - (Diamond Online)
難しい!けど面白い。⇨
こちらはフェルドマンさんとの対談。
ロバート・アラン・フェルドマンさんの著書「フェルドマン博士の日本経済最新講義」を読んだちきりんさん。この本がきっかけとなり実現したお二人の対談です!
、なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか? | 自分の時間を取り戻そう,ちょうど読み終わった。升は塗っていないけど塗職人の自分も本の中身を実践しようとすごく納得の内容でした。
ちきりん、60デニールはないわ。
こんな考え方もあるのか!まだまだ勉強だ!/
スタバの接客レベルは圧勝なのに、なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか?

"日本は「こんな良いサービスを受けられるなら800円払ってもいい」という状態なのに、実際には500円で済んでいるってことですね。消費者が得をしていると"
面白い、はやく生産性あげて週休4日とかにしてほしい /
フェルドマン×ちきりん(1 | ダイヤモンド・オンライン フェルドマン 「このままいくと、エネルギーはほとんど無料になるかもしれません」
ほんそれ!→「日本って、消費者余剰が多い国なんですよ」
これは良記事!ここまで身バレしてるのに相変わらず匿名で顔隠してる、インタビューアがウケるがw
ロバート・アラン・フェルドマン×ちきりん | ダイヤモンド・オンライン
日本は消費者余剰(Consumer surplus)が多い国
良いものは高い、それなりのものはそれなりでいいはずなのに、日本では良いものを安く手に入れたいという志向が強すぎる。職人も泣きますよそれじゃあ。
働かないでくださいw😏
一日で達成可能な仕事を課して終われば帰っていいよってなれば日本人なら仕事もきっちりモチベも上がるってもんだけどね職種によって違うけどもある程度よくなる
法治国家及び民主主義国家である日本において、劣後順位の高い要素を芸術的かつ真剣にこなしても時間と体力と才能の無駄であるという明白な本質を未だに理解してへん連中が後を絶たないからやけどね。#拡散希望
日本は消費者が安い金額で高品質なサービスが受けられるため、サービス業の生産性が低くなっているというお話| |
「日本は消費者余剰が多い国」という指摘、本当にその通りだ。一見良いことだけど、過剰な消費者余剰は自分自身の首を締めるんだよな。 →
ここでは「職人文化」が原因では?とされてるけど、うちの職場はセキュリティや信用上の理由で「時間かかってもいいから安全かつミスなく」って言われてる。これも文化?
「日本は消費者余剰が大きい」=同じ"値段"でも過剰なサービス=サービス提供側がもらうお金に対して負荷が大きい、これに尽きますね。⇒
以上

記事本文: スタバのレベルは圧勝なのに、なぜ日本の生産性はアメリカよりも低いのか? | 自分の時間を取り戻そう | ダイヤモンド・オンライン

いま話題の記事