インド人は牛肉をよく食べる。「牛肉輸出量」世界一の理由 | 経済は地理から学べ! | ダイヤモンド・オンライン

「インド人はヒンドゥー教を信じているから、牛肉を食べない」。よく耳にする話です。しかし実は、インドの「牛肉輸出量」は世界一なのです。

ツイッターのコメント(37)

※ただし、食べる人もいるし輸出もします
インドの牛の飼育頭数はブラジルの次に多い1億8900万
牛乳の生産量はアメリカ合衆国に次ぐ世界2位、バターの生産量は世界最大

水牛からも搾乳し搾乳できなくなると食肉として解体

インドの牛肉の生産量は世界11位
牛革製品の生産地としても有名
該当箇所が無料公開されていました。
【参考】インド人は牛肉をよく食べる。「牛肉輸出量」世界一の理由 |
「ジャッリカットゥ」を見るのに参考になるかも。インド=ヒンドゥー教は偏見だった…すみません。
ヒンズー教徒は牛は食わねぇが牛乳は飲むし労役用として飼っているんや
追い討ちすまねぇ…すまねぇ…
ずっと疑問に思ってたけど何気に調べてなかった
モッツァレラ! モッツァレラ!

インド人は牛肉をよく食べる。「牛肉輸出量」世界一の理由 |
ムスリムも2億人いるというし牛肉食べるでしょ
「インドの牛の飼育頭数はブラジルに次いで多く…牛乳の生産量はアメリカ合衆国に次いで世界2位、そしてバターの生産量は世界最大」
「インドは、ヒンドゥー教徒のためだけにあるのではない」
/インド人は牛肉をよく食べる。「牛肉輸出量」世界一の理由
2017.2.27
インド人が牛肉食べてました⁉️
・インド人は牛肉をよく食べる。「牛肉輸出量」世界一の理由 |
 
PR
PR